神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2021年10月22日 エリアトップへ

市内飲食事業者 焼物×食材で新たな地産地消 アーティスト村で陶芸体験

文化

公開:2021年10月22日

  • LINE
  • hatena
成型した作品を前に
成型した作品を前に

 地元の土で作った焼物で、地元の食材を使った料理を提供したい―。市内の飲食事業者8社による取り組みが始まっている。

 田浦泉町にある「アーティスト村HIRAKU」で創作活動をしている土器作家の薬王寺太一さんが協力。10月18日には現地で穴窯のしくみや三浦半島の焼物の歴史を学んだ後、田浦の土を使った粘土を手びねりして大皿・小皿、ビアマグなどに成型した。「載せる食材をイメージしながら作った」「料理と器は切り離せないもの。これに盛り付けるのが楽しみ」などの感想が相次いだ。指導した薬王寺さんは「料理人とあって手先の作業が細やか。オリジナリティあふれる作品で焼きあがるのが楽しみ」と語った。

 穴窯は12月1日に火入れし、5日まで約100時間焚き続ける。地域や小学校のワークショップで作成した作品約300点と共に焼成し、完成は同月中旬。「土も食材も『地の物』で完結できる。横須賀ならではの地産地消の形」と、参加者からは、今後の展開に期待の声が上がった。

横須賀版のローカルニュース最新6

日本文化で通じ合う

日本文化で通じ合う

国際交流協会の主催イベント

3月1日

春から始める身体づくり

くりはま花の国プール

春から始める身体づくり

3月1日

「空き家再生」挑む民泊開設

浦賀

「空き家再生」挑む民泊開設

築80年の家屋、学生参画で

3月1日

潜水艦隊員“アゲル”艦メシ

潜水艦隊員“アゲル”艦メシ

「サブサンド」ドブ板通りに初見参

3月1日

福祉事業で横須賀に恩返し

元市議・鈴木真智子氏

福祉事業で横須賀に恩返し

3月1日

郷土史を語り継ぐ

衣笠小児童が学習成果発表

郷土史を語り継ぐ

3月1日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 2月23日0:00更新

  • 2月16日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年3月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook