横須賀版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

ウッドベースを自作した浅葉光男さん(76歳) いきいきシニア「元気の源」は OverAge若さの秘訣

文化

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena

 滑らかな曲線を描くフォルム、ずしりとした堅牢なボディ。久里浜在住の浅葉光男さんは今夏、自身の背丈ほどある手作りのウッドベースを完成させた。「楽器の良し悪しは自分が決める」。左手がネックを動き、右手が4本の弦を弾く。そのシルエットはまるで恋人とダンスを踊っているかのよう。1年という長い制作期間が"2人"の間に横たわり、深い理解が生まれ、ふくよかな低音が窓辺から吹き込む潮風を振動させる。

手作り四弦琴、響かせて

 戦後日本で巻き起こったハワイアンブーム。鎌倉で生まれ、幼い頃からフラダンスとともに砂浜から流れる甘く美しい調べを耳にして育った。

 若い頃は、会社の軽音楽部でウッドベースを担当。演奏するだけでは飽き足らず、「いつか自分の手で作ってみたい」と密かな夢を抱いていた。

まずはウクレレから

 40代になると、経済的にゆとりができた。「まずは手始めに小さな楽器から」とウクレレ作りを開始。ただ当時はインターネットが普及しておらず、簡単に情報が手に入らない。かと言って「人に教えられるのは嫌い」だった。科学部品メーカーで培った技術を活かし、独学で制作に挑戦。市販品を解体し、構造を研究、設計図を描いた。全国の材木屋を巡り、「日本三大美林」と称される青森ヒバ、秋田スギ、木曽ヒノキの天然ものを使用。納得のいく音を追求した。

 フリーマーケットで自慢のウクレレを披露した際に「演奏を教えてほしい」と声を掛けられ、音楽教室を開くことに。教え子にプレゼントする張り合いもでき、一人ひとりの顔を思い浮かべながら、仕事終わりに毎日1時間ずつコツコツ作業。指の長さや握力に合わせて、粉骨砕身の努力をいとわなかった。その数は150以上にものぼる。

案ずるより産むが易し

 「もうできるかもしれない」。ウクレレ作りで自信をつけた昨年、念願だったウッドベース制作を決心した。角材から型を切って、カンナや彫刻刀で"スイスイ"とリズミカルに数ミリ単位で削る。弦が切れ、板が折れ、作って壊しの繰り返し。「もう無理だ」と諦観する中で目を閉じれば自身が演奏する姿が眼裏に張りついた。フレットがない巨大な楽器の完成に何とか漕ぎつけた。

 「アトリエ」と呼ぶ野比にある一軒家には、ウッドベースと併せて自作のチェロも飾られている。実際に触れてみると人の手のぬくもりが感じられ、時を重ねるにつれて味のある濃い飴色のグラデーションに変化する。「制作の極意はとにかくやる気。年齢は関係ない。ベースは魂の欠片を注入した集大成」と言うが、「今度はビオラでも作ろうか」と創作意欲は衰えることはない。

 穏やかな宵には一人静かに演奏練習。「おやじバンド」を意味する「MAKUA(マークア) KANE(カーネ)」のメンバーとして未だ舞台に立ち続け、音色で人を和ませ、慰める。ハワイアンに魅せられた人生の黄昏を過ごしている。

横須賀版のローカルニュース最新6

「横須賀の景色、歌に乗せて」

3人組バンド

「横須賀の景色、歌に乗せて」 文化

新曲リリースで自主企画ライブ

12月3日号

闇夜に浮かぶ

闇夜に浮かぶ 社会

ゴジラのイルミ

12月3日号

「カイ」だけど「タコ」

「カイ」だけど「タコ」 教育

観音崎自然博物館に“珍客”

12月3日号

「駅弁半島」拡大に支援を

「駅弁半島」拡大に支援を 経済

リターンに地場野菜など

12月3日号

種付け完了、元気に育って

猿島産ブランドわかめ「さるひめ」

種付け完了、元気に育って 経済

12月3日号

次期県議選の定数協議

次期県議選の定数協議 政治

横須賀・三浦が再編対象

12月3日号

本まぐろ直売所

12/4・5は13周年感謝セール、毎月第2・4土日は特売日!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook