横須賀版 掲載号:2021年12月10日号 エリアトップへ

「映え」料理で地元の魅力発見 シェフ出張、生産者ら舌鼓

社会

掲載号:2021年12月10日号

  • LINE
  • hatena
【1】海辺に設置したテーブルにカラフルな料理がズラリ【2】「若命ファーム」で実をつけたミカン【3】青空のもと調理する吉田さん
【1】海辺に設置したテーブルにカラフルな料理がズラリ【2】「若命ファーム」で実をつけたミカン【3】青空のもと調理する吉田さん

 地元食材を使った料理をシェフが振る舞い、生産者らと交流することで、横須賀の新たな魅力を発見するイベント「よこすか青空レストラン」が11月30日、久留和海岸で行われた。西浦賀出身で”旅するシェフ”の異名を持つ吉田友則さん=人物風土記で紹介=が主催。全国に赴き、その土地ならではの創作グルメを披露している。横須賀では初の試みで、市と連携し、食材を提供した事業者のほか、味の奥深さを発信するためメディア関係者が招待された。

 まず一行が向かったのは、秋谷にある農家「若命ファーム」。日本に100以上あるミカンの品種の中で最も赤いとされる「紅みかん」や三浦大根とねずみ大根などを掛け合わせた「三太郎大根」などの畑を見学し、2代目の若命公生さん・津也子さん夫婦から育て方や味の説明を受けた。

 その後、砂浜に着くと、目の前に海が広がるロケーションにテントが張られ、吉田さんがこの日のために考案したメニューを調理。潮風とともに食欲をそそる香りを辺りに漂わせていた。しばらくすると、大楠漁港で水揚げされたカツオ・マアジ、紅みかんのサラダ、佐島産タコのパスタや横須賀牛と三太郎大根のステーキなど、色彩豊かな品々が順番にテーブルへと運ばれ、参加者は心ゆくまで賞味した。

 市大楠漁港協同組合の藤村幸彦さんは「普段は刺身やたたきでしか食べない魚が新鮮な野菜と一緒になるとさらに旨味が際立つ。仕事に対する誇りも改めて確認できた」と笑顔。市観光課では今後も吉田さんとタッグを組み、一次産業の活性化のために地元食材の魅力を発信していくという。

横須賀版のローカルニュース最新6

経済を知り一手打つ

経済を知り一手打つ 経済

横須賀商議所の「平松塾」

5月20日号

理解できないを味わう

映画『夜を走る』

理解できないを味わう 文化

佐向監督が舞台あいさつ

5月20日号

検定試験を市が助成

検定試験を市が助成 教育

中学生の漢検・数検・英検

5月20日号

好きなことで自由に遊ぶ

好きなことで自由に遊ぶ 教育

不登校親子のよりどころ

5月20日号

土器で作るフラワーポット

土器で作るフラワーポット 文化

田浦の穴窯で焼成

5月20日号

長坂の田んぼ田植え体験会

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook