神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2023年12月1日 エリアトップへ

"海の隼"をあるく 〜按針が見たニッポン〜30 伏見編(2)作・藤野浩章

公開:2023年12月1日

  • X
  • LINE
  • hatena
伏見・御香宮神社表門
伏見・御香宮神社表門

"海の隼"も、所詮(しょせん)はトクガワに自在に操られるハヤブサでしかなかったのか・・・。(第三章)



 アダムスたちが臼杵(うすき)に漂着してから半年。旧教勢力の妨害や豊臣政権内の権力争いに露骨に巻き込まれ、いつ命を落としてもおかしくない状況だった。もっと言えば、関ヶ原では西軍に加担していたかもしれない。

 そんな歴史のいたずらはつゆ知らず、帰国のチャンスをひたすら待っていた。ところが、家康本人からそれが叶わないことを聞かされ、アダムスは呆然とする。

 冒頭にある場面は、実は家康が趣味としている鷹狩のタカを放つ場面で語られている。縦横無尽に海を駆け回ってたアダムスは、家康の元で操られるしかないのか。

 本書ではこの場面を繊細に描きつつ、実はこの時、アダムスの胸に諦(あきら)めの心情と同時に、それを凌ぐくらいの「希望」があったのではないか、と語りかけているようだ。そう、アダムスは開き直ったのだ。望郷の念よりも"大きなうねりに身を任せることの面白さ"を見出したのではないか。与えられた状況の中で自由に飛び回るしかない──タイトルの「隼」は、この心情を端的に表している言葉なのだ。

 実際にこんな目に遭ったら、普通は廃人同然となりかねないだろう。しかし彼はもともと航海士。ひたすら風を読んで航路、そして人生を切り開く胆力が備わっていた、と言ったら短絡的だろうか。

 伏見の地でこうして生まれ変わったハヤブサは、家康との強力なタッグで、新しい歴史を紡いでいくことになる。

横須賀版のコラム最新6

"海の隼"をあるく

"海の隼"をあるく

〜按針が見たニッポン〜40 平戸編(1)作・藤野浩章

2月16日

わたしのまちでいきる

わたしのまちでいきる

【23】必要な支援を形に「一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛」

2月16日

"海の隼"をあるく

"海の隼"をあるく

〜按針が見たニッポン〜39 駿府編(3)作・藤野浩章

2月9日

"海の隼"をあるく

"海の隼"をあるく

〜按針が見たニッポン〜38 駿府編(2)作・藤野浩章

2月2日

"海の隼"をあるく

"海の隼"をあるく

〜按針が見たニッポン〜37 駿府編(1)作・藤野浩章

1月26日

"海の隼"をあるく

"海の隼"をあるく

〜按針が見たニッポン〜36 伊東編(4)作・藤野浩章

1月19日

あっとほーむデスク

  • 2月16日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

  • 2月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook