神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2024年3月29日 エリアトップへ

"海の隼"をあるく 〜按針が見たニッポン〜46 伏見編(3)作・藤野浩章

公開:2024年3月29日

  • X
  • LINE
  • hatena
伏見城跡
伏見城跡

「トクガワとの出会いは、前世からの宿命であったかもしれない...」(第十章)



 日本へやって来てから十五年。その日々を、本書で按針は「戦(いくさ)をしに日本へやって来たような気がする」と振り返る。しかし一方で、もし戦が無かったとしたら、家康の厚い信頼を得られただろうか、とも。ましてや二百五十石の領地を与えられ、重要な地位を手に入れることはできなかっただろう。加えて、最初に出会ったのが豊臣方だったら、命すら無かったかもしれない。すると、戦のない世の中で自分は「用済み」ということなのか?──按針の心の内は穏やかではなかっただろう。

 そんな時、彼は戦勝祝いと帰国の報告を兼ねて伏見城へ向かう。持参した琉球芋に喜ぶ家康と"水入らず"の対面だ。

「読めたぞ、読めたぞ、(中略)わしという後盾(うしろだて)が亡きあと、己れがどのように扱われるか気に病んでいるのであろうが」──異国から日本へたどり着き、選択の余地なく家康に仕え、帰国を諦めて仕えて来た自分は、この後いったいどうなるのか?という疑問を、按針は率直にぶつけている。

 これに対し、家康は「わしには彼らの身の振り方まで慮(おもんぱかって)ってやる義理はない」、としながらも「とくに案ずることはない」と按針を思いやる。このやりとりが実に面白いが、按針が英蘭から独立した貿易を申し出ると、家康は大いに賛成する。彼は、ついに独り立ちを決意するのだ。

 これが、家康と按針の最後の会話となった。家康公、74歳の秋のことである。

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

<PR>

横須賀版のコラム最新6

"海の隼"をあるく

"海の隼"をあるく

〜按針が見たニッポン〜48 江戸編(6)作・藤野浩章

4月12日

"海の隼"をあるく

"海の隼"をあるく

〜按針が見たニッポン〜47 江戸編(5)作・藤野浩章

4月5日

"海の隼"をあるく

"海の隼"をあるく

〜按針が見たニッポン〜46 伏見編(3)作・藤野浩章

3月29日

"海の隼"をあるく

"海の隼"をあるく

〜按針が見たニッポン〜45 平戸編(6)作・藤野浩章

3月22日

わたしのまちでいきる

わたしのまちでいきる

【24】安心して通える学びの場「一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木愛」

3月15日

"海の隼"をあるく

"海の隼"をあるく

〜按針が見たニッポン〜44 平戸編(5)作・藤野浩章

3月15日

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook