神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2024年5月11日 エリアトップへ

高校生×シェフのコラボ 「白いカレー」食材の正体は─ カレーフェスで限定販売

経済

公開:2024年5月11日

  • X
  • LINE
  • hatena
「よこすかラボ」のメンバーと吉田シェフ(中央奥)
「よこすかラボ」のメンバーと吉田シェフ(中央奥)

 全国の人気カレーが集結する一大グルメイベント「よこすかカレーフェスティバル2024」が5月18(土)・19日(日)の両日、三笠公園で開かれる。これに地元高校生グループといちご よこすかポートマーケットの連合チームが新考案メニューで出店する。地場産の大根を食材に取り入れた大胆な試みで、英語表記のRadishとCurryを掛け合わせて「Radica」(ラディカ)と命名。口あたり優しく、クリーミーなテイストの”白いカレー”でアピールする。

 メニュー開発に携わったのは、三浦学苑、湘南学院、横須賀学院の有志8人が参加する「よこすかラボ」。地域の活性化や社会課題の解決などをテーマにしたビジネスアイデアコンテストで腕試しをしてきた面々が、机上の計画だけでなく、実践の場を求めて挑戦を決めた。

 実際のレシピづくりは、ポートマーケットのグルメ体験イベント「半島キッチン」の仕掛け人で”旅するシェフ”の異名を持つ吉田友則さん(西浦賀出身)が担当。学生らの意見を取り入れながら完成させた。

 ペースト状の大根を豆乳で伸ばしたポタージュがベースのグリーンカレー風。ルーにワカメの粉末を混ぜることで和のテイストも融合させている。アクセントとして切り干し大根を用いるなど食感にもこだわった。

 メンバーのひとりである三浦学苑の宮川優さん(3年)は、「大根の甘みとスパイスが調和した味わったことのないカレー。横須賀の大地の恵みを感じる逸品に仕上がった」と自信をのぞかせる。会場でPR販売を行う。各日250食限定で1皿600円。

横須賀版のローカルニュース最新6

ケアマネジメント 知る学ぶ

ケアマネジメント 知る学ぶ

村木厚子氏ら講師に

6月14日

地域で供養60余年

深浦町内会

地域で供養60余年

警視庁から感謝状

6月14日

「女子校に誇り持って」

緑ヶ丘女子

「女子校に誇り持って」

創立77周年記念講話

6月14日

SDGsは「社会変革」

SDGsは「社会変革」

笑下村塾代表 たかまつななさん

6月14日

「誰一人取り残さない」社会へ

東海大学 小坂真理 准教授にインタビュー

「誰一人取り残さない」社会へ

6月14日

マッチングで取引先支援

かながわ8信金商談会

マッチングで取引先支援

6月14日

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • OGURIをあるく

    OGURIをあるく

    〜小栗上野介をめぐる旅〜第3回 駿河台編【1】文・写真 藤野浩章

    6月14日

  • OGURIをあるく

    OGURIをあるく

    〜小栗上野介をめぐる旅〜第2回 プロローグ(倉渕編【2】)文・写真 藤野浩章

    6月7日

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook