三浦版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

三浦の散歩道 〈第78回〉 みうら観光ボランティアガイド協会

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena
路傍に祀られている石塔
路傍に祀られている石塔

 明治25年初めの頃まで、現在の原万堂付近は街道の宿場であったと言われています。「原そば」と呼ばれた藤沢屋、荒物屋を兼ねた酒屋の山崎屋、道をへだてての、うなぎ屋の4軒の店があって、三崎町からここまでの道沿いには家はなかったと言われています。幕末の頃には今の信用金庫辺り一帯に「陣屋」があって4軒の店は行き来の旅人飛脚や馬子、陣屋の侍を相手にしての商売であったという。特に、藤沢屋は旅人宿もしていたとのことです。

 では、その旅人が行き来した「道は」どこなのでしょうか。人伝てに聞いた話では、今の小川酒店の脇を入っていくところが小網代の「なもうた坂」に至る道だと言うので、歩いてみました。道は「諸磯公園」の広い谷戸の上に沿ってあります。しばらく行くと、左側に「石塔群」が見えてきます。隣は小さな「地蔵堂」になっています。道幅は小型の車が1台通行できる程ですが、かつての街道を感じさせるところです。

 石塔群は、前面に4基、後ろに2基の6基です。前の4基の両脇は「念仏塔」で、右側のものは「天明7末年、稲取材」と刻され、正面に「南無阿弥陀仏」の名号と「五月十三日、◎戸村」の文字が刻されています。「◎戸」の文字はよく分かりません。その石には「釈」の文字の下に「讃海、秀海、教海、須海」の文字が読みとれます。天明7年と言えば1787年、11代将軍徳川家斉の時代です。後ろの2基の石塔のうち、右側は卵塔型のもので、文政元年(1818)7月「原譽喜道圓法子位」の文字が見えます。左側のひときわ大きな「板碑型」の石塔に「溺上死人之墓」と記され、右に「豆州稲鳥村」左に「忠右衛門船水主四人乗」との文字が記されています。ここにも「稲鳥」の文字が読みとれるのです。

 当時、伊豆半島の稲取と漁業の関係か、物資の交流かは不詳ですが、この街道筋に建てられたことは何か意味があるのでしょう。

 石塔の隣に、美しい花に飾られた「地蔵尊」が祀られています。何時のものかは不明ですが、光背の部分に「三界万忌為有縁無縁」の文字が刻まれています。「過去・現在・未来の三世」において、たくさんの死者の命日のため、それも縁があろうと無かろうと、すべての人々を救援しようというお地蔵さまなのでしょう。非常にありがたい仏様なのです。

 多くの人々が信仰されているのか、美しいお花に守られた地蔵尊のお姿です。前面に「南無阿弥陀仏」の文字と「天保三(1832)辰年六月」との文字も読みとれる墓石が埋め込まれています。隣にも坐してた石仏が祀られています。

 この道はまさに、江戸期の道なのです。
 

三浦版のコラム最新6

ともに歩んだ53年に感謝

”わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

ともに歩んだ53年に感謝

三上成次さん(マリンパークスタッフ)

9月10日号

第23回 白髪の種に変わる「センニンソウ」

三浦半島 草花歳時記

第23回 白髪の種に変わる「センニンソウ」

文・写真 金子昇

9月10日号

世界一の素敵親子をめざして

連載30

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

8月27日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

8月27日号

息子と愛犬と一緒に楽しんだ

“わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

息子と愛犬と一緒に楽しんだ

衆議院議員・環境大臣 小泉進次郎さん

8月27日号

第22回 マジに臭い「ヘクソカズラ」

三浦半島 草花歳時記

第22回 マジに臭い「ヘクソカズラ」

文・写真 金子昇

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook