三浦版 掲載号:2015年4月10日号 エリアトップへ

三浦の散歩道 〈第81回〉 みうら観光ボランティアガイド協会

掲載号:2015年4月10日号

  • LINE
  • hatena
畑中の道に建つ「狐塚」の石塔
畑中の道に建つ「狐塚」の石塔

 「郷戸」の道を「名向小学校」方面へと向かって歩いてみます。やや細い道を進んで行きました。すると、左側が開けた谷戸の上に出ます。その谷戸はかつては、森林になっていたのでしょうが、現在は何もなくゴミだけが上の道から眺められる状況です。やがて、宅地に改められる様子も見えます。歩を進めて、県道に至り、「名向小学校」の入口を右へと入りました。前方の左手に「油壺幼稚園」の建物が見えてきました。その前の道は農道なのでしょうが、舗装された立派な道が畑の中を西に向かって続いています。しばらく歩いて行きますと、道が二つに別れます。筆子は左手の道を進みました。十メートル程歩きますと、左へ下る坂道へと別れる所へと出ます。この辺りは、今はキャベツ畑が周囲に広がっています。前方には「富士山」がすっきりと眺められる景勝の地でもあります。左側の土手の上には、「大島桜」が満開の花盛りで、思わず眺め入ってしまいます。前方に富士、やや右手にマリンパークの白い塔が眺望できる地点の道の脇に、「狐塚」と刻まれた石塔がありました。塔は新しいように見えますが、台座は古く見えます。塔の脇に欠けた茶碗もみられます。キャベツ畑の中に何んで、このようなものがあるのか、不思議に思ってしまいます。これにはひとつの伝説のあることがわかりました。『浜諸磯』にある「神明社」の裏手の浜、小さな灯台のある浜辺に以前、市の掲示板があって、次のように書かれていました。『きつね浜ときつね塚』という表題でした。「この付近一帯を浜諸磯、この左手の浜をきつね浜と言う。昔、大時化(しけ)のとき、この浜で十余人が遭難。全員が死亡、それ以来この浜に立つと凪(なぎ)の日でも、あらしの日でも、沖で櫓をこぐギーコー、ギーコーという音が人々の耳に絶えず聞こえ、ときには死者の呻(うめ)き声も交り、悲愴な思いが胸に迫ってきたという。また、(三浦荒次郎)義意が射た矢で狐が落ちたことからきつね浜と言われる。九尾の狐で、郷戸というところに埋めて、塚をつくりましたが、その塚が夜中に畑の中をあちこちと駆けまわり、毎朝塚の位置が変わっていたと言うことで、塚にさわると病気になると恐れられていた。」以上のように書かれていましたが、いつの間にか掲示板はなくなっています。同じ話が、昭和四十四年に刊行された『三浦の伝説と民話』(三浦市観光協会発行)にも掲載されています。ところで、今、キャベツ畑の脇に見られる「狐塚」が、この話の中に出てくるものなのでしょうか。現在では位置は変らないようなので、一安心です。(つづく)
 

三浦版のコラム最新6

ともに歩んだ53年に感謝

”わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

ともに歩んだ53年に感謝

三上成次さん(マリンパークスタッフ)

9月10日号

第23回 白髪の種に変わる「センニンソウ」

三浦半島 草花歳時記

第23回 白髪の種に変わる「センニンソウ」

文・写真 金子昇

9月10日号

世界一の素敵親子をめざして

連載30

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

8月27日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

8月27日号

息子と愛犬と一緒に楽しんだ

“わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

息子と愛犬と一緒に楽しんだ

衆議院議員・環境大臣 小泉進次郎さん

8月27日号

第22回 マジに臭い「ヘクソカズラ」

三浦半島 草花歳時記

第22回 マジに臭い「ヘクソカズラ」

文・写真 金子昇

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook