三浦版 掲載号:2015年10月9日号 エリアトップへ

三浦の散歩道 〈第92回〉 みうら観光ボランティアガイド協会

掲載号:2015年10月9日号

  • LINE
  • hatena
海の彼方に沈もうとする夕日
海の彼方に沈もうとする夕日

 「北尾根入口」を出て、農道を北に向かって歩いて行きますと、やがて道は右へ曲がりながら少し上りになってきます。ふとっ、左側を見ますと、広大な耕地が眺望できます。地図上では「不入斗」の小名に至るところで、かつては荒地で、丘陵と谷戸が入り組んだところであったのですが、今は広々とした畑地に造成されていて、みごとな風景です。後方を眺めると、シーボニアのマンション群が白く、積み木を組みたてたように見えるのです。目を右に向けて行くと、マリンパークの建物とその先きの海の姿も眺められます。さらに、右へと見る目を展開して行くと、相模湾が眺望できます。特に、西に沈む夕日と共に眺める富士山の姿はすばらしく、冬の季節は一層の素晴らしさを与えてくれます。道の前方奥には小高い丘陵地が見られ、ソレイユの建物なども散見できるのです。

 さらに進んで行きますと右側にも舗装された道が現れます。京浜急行電鉄が発注した「土砂搬入工事」のために作られた道路なのです。いわゆる「北川湿地」の埋め立てに「発生土処分場建設事業を行っています」との看板があり、平成29年12月末日までとの表示もありました。この埋め立てについて、反対運動もありましたが、毎日、朝から日没まで、多くのトラックが行き来をしている情況です。道は二本平行して、少し下って、「御用邸道路」へと達します。

 なぜ、「御用邸道路」と呼ぶのでしょうか。平成10年度に行われた「初声ガイド入門講座」をまとめた冊子『ふるさと初声を知る(記録)』によりますと、昭和四年(1929)、昭和天皇は趣味の生物研究の基地として、海浜の別邸が欲しいとされ、当時の初声村と三崎町一帯が候補にあがりました。「御用邸用地は五四・四五ヘクタール(16万5千坪) 地主百八十人、総額九十万円で話がまとまり、七月五日に支払われた。(当時の東京朝日新聞)」しかし、その頃の日本は財政事情が悪く、このため、初声御用邸工事が延期となり、その後、経済不況と戦争などで立ち消えになったと言うことです。光照寺裏手から高台の畑に上がる坂道の脇に、御用邸の境界を示す杭が打ち込まれていましたが、いつのまにか、不明になっています。現在では御用邸建設のための道路と名称のみが残っています。

 三崎口駅が開通した頃は駅から「三戸入口」を経て、「神田入口」の停留所を通って「三戸海岸」まで、バスが通っていた道路です。現在では、時刻表によると、平日の15時25分発のバスのみになっています。

 昭和50年代では道路の南側は谷戸田になっていて「出荷場」の脇から下りて行き田圃(たんぼ)で「お玉じゃくし」を採ったことが思い出されます。

(つづく)
 

三浦版のコラム最新6

世界一の素敵親子をめざして

連載10

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

11月15日号

第1回 紅葉狩り

三浦半島 草花歳時記

第1回 紅葉狩り

文・写真 金子昇

11月15日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第51回「隣松庵のこと」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

11月15日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第50回「見桃寺のこと【3】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

11月1日号

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

文・日下部順治、吉本尚その28 番外編【5】

11月1日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第49回「見桃寺のこと【2】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

10月18日号

世界一の素敵親子をめざして

連載9

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク