三浦版 掲載号:2015年11月20日号 エリアトップへ

三浦の散歩道 〈第95回〉 みうら観光ボランティアガイド協会

掲載号:2015年11月20日号

  • LINE
  • hatena
光照寺本堂
光照寺本堂

 光照寺入口の門柱は新しく、本堂への参道も整備されてきれいになっています。新しくなったのは平成二六年十月のことです。柱の内側に「宗祖法然上人八百年大御忌記念」と記されています。まさにこの寺は「浄土宗」の寺なのです。

 参道の石段を上がった左側に「光照寺のかめくり観音」の表題で、「三浦市」の説明板があります。その中に「この寺内には”かめくり観音”が祀られています。これはその昔、里人が田を耕していると、その田の中から可愛い手が出て来たので、不思議に思って掘り出したところ観音様でした。」と書かれています。

 もう少しくわしい内容について、『三浦半島の民話と伝説』(菊池幸彦編著)の中には次のように記されています。

 昔、たくさんの牛馬を飼っている長者がいて、その牛馬を野に放し飼いをしていたと言う。

 「ある夜、長者の夢の中に尊者が現れて『日ごろ熱心に信仰しているので教えよう。朝早く野に行くならば尊像が近づくだろう』とのお告げがあった。長者はまだ下男たちが眠っている早朝に野に出たが、尊像が現れるようすはなかった。下男はいつもどおりに牛を引き出して野の杭に繋いで帰ってきた。ところがたしかに繋いでおいたはずの牛が帰って来た。長者は下男と一緒に野の杭を見に行った。すると杭の根もとが光っているように思われた。長者が杭を引き抜いてみると、穴の底には金色をした観音が座っていた。長者は、さては、と驚き身を清めて菩提寺へ持っていった。(略)

 数日すると長者はまた夢のお告げを聞いた。『南の方向の寺に置いてほしい』との声であった。ところが南の方向の寺は貧しくて再興できないほどに荒れていた。(略)するとまた長者の夢に『相模湾の魚をとって寄付を集めなさい』との知らせがあった。長者は村人たちと相談して相模湾に網を入れた。すると不思議にもたくさんのイナダが網に入った。夢の知らせのとおりに堂が建てかえられて金色観音像は祀られ、村人はこの観音を『イナダ観音』と呼んだ。」とあります。

 だが、寺の説明板では、田圃(たんぼ)の中から出現であるから「稲田(いなだ)」の文字を宛てています。のちに、観音堂の雨もりを心配した人達が宝珠に「水がめ」を被(かぶ)せたので、「かめくり観音」の呼び名が付いたと言われています。

 なお、本堂へ向かう参道の右手に大きな樹があります。椎(しい)の木の一種で、「スダジイ」と呼ばれる樹齢五百年以上にもなる大木で、幹の周囲は五メートル、高さは八メートルもある立派なものです。三浦市の保護樹木にもなっています。

 他に、特殊な字形で「南無阿弥陀仏」と刻された、徳本上人の石塔も拝することができます。

(つづく)
 

三浦版のコラム最新6

世界一の素敵親子をめざして

連載27

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

4月30日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

4月16日号

第18回 パイオニア精神の「ハマヒルガオ」

三浦半島 草花歳時記

第18回 パイオニア精神の「ハマヒルガオ」

文・写真 金子昇

4月2日号

世界一の素敵親子をめざして

連載26

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

3月19日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

3月19日号

第17回 草餅に使う「ハハコグサ」

三浦半島 草花歳時記

第17回 草餅に使う「ハハコグサ」

文・写真 金子昇

3月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter