三浦版 掲載号:2016年10月21日号 エリアトップへ

三浦の散歩道 〈第117回〉 みうら観光ボランティアガイド協会

掲載号:2016年10月21日号

  • LINE
  • hatena
矢作の神明社
矢作の神明社

 「入江」から「矢作」へと歩を進めます。『初声八景』の一つに「矢作の帰帆」が挙げられています。往昔には湊(みなと)があって、『新編相模風土記稿』の「湊」の項目に「小名矢作にあり、故(ゆえ)に矢作湊と称す、又宮田湊とも呼ぶ」として、註に、下宮田村と相接するが故なり、濶(へだたり)(闊)三百間(約550m)とありますが、現在では埋めたてられていて、その面影は見受けられませんが、湊(入江)の中ほどにあった「波島」が、こんもりとした森と薮のように眺められ、かつての八景の一つ、「波島の夜雨」の雰囲気は失われています。

 「矢作」の里に入って、なぜ、「やはぎ」と呼名するのか、疑問に思ったのですが、異字に「矢矧(やはぎ)」があり、「矧」を「シン」とか、「は・ぐ」と読み、「矢を作る」の意味があることを知りました。ただ、『三浦古尋録』には「矢矯」の文字を使っています。そこには、「矢矯是ハ和田義盛馬場ノ跡」とあります。また、「矢矧ハ昔シ和田義盛此処ニテ矢ヲ作ラシム故ニヤハギト伝フ」とも記されています。

 得心をして、北側が傾斜地になっている道を西に向かって行き、民宿「浜路」の前に至ると、「関東ふれあいの道」の標識があり、「荒崎潮騒のみち」とも記され、「矢作入口バス停八00米」とも書かれています。ここから道が二つに分かれ、歩行の道は狭くなっています。少し歩くと、石造りの「神明鳥居」が見えてきました。30m先に石段があり、上に至ると静粛なる神殿があります。「天照大神」を御祭神とする「神明社」です。御祭神は大正七(1918)年九月に、小名の内田にある「白旗神社」に合祀されています。「矢作」に鎮座したのは、江戸期の元禄十四(1701)年、大井亀之助、角田権左衛門、角田新右衛門、八兵衛、太郎兵衛の五氏の創建と伝えられ後社殿破壊せるにより、大井三郎右衛門、大井磯左衛門の二氏が寛保元(1741)年に再建して神明社と称して崇敬して来たと、『三浦郡神社由緒記』(昭和十年発行)に記載されています。

 現在の社殿は正面に「神明宮」と書かれた扁額があり、拝殿の周囲に回廊がつけられ、本殿とからなる切妻妻入りの社殿となっています。境内の左側に、朱色の鳥居「稲荷社」が祀られています。社殿の右側は崖になっていて、今では枯れ枝などが詰まっているので不明ですが、人工的に掘った横穴で、あるいは古墳の類か?と思わせるものです。また、社殿の屋根に青銅製と思わせる、水の渦巻くような形をした「右三つ巴(ともえ)」が見上げられます。帰りに石造りの鳥居を確かめたところ、「元治元(1864)年の年号が刻字されていました。

(つづく)
 

三浦版のコラム最新6

世界一の素敵親子をめざして

連載34

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

1月21日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

1月21日号

第27回 枝に餅を刺して祝う「ミズキ」

三浦半島 草花歳時記

第27回 枝に餅を刺して祝う「ミズキ」

文・写真 金子昇

1月7日号

特別編 「カキ」を供えた鏡餅

三浦半島 草花歳時記

特別編 「カキ」を供えた鏡餅

文・写真 金子昇

1月1日号

世界一の素敵親子をめざして

連載33

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

12月17日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

12月17日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook