三浦版 掲載号:2017年1月27日号 エリアトップへ

三浦の散歩道 〈第123回〉 みうら観光ボランティアガイド協会

掲載号:2017年1月27日号

  • LINE
  • hatena
神明白旗神社の鳥居と52の石段
神明白旗神社の鳥居と52の石段

 路線バスの通る国道一三四号線、長井方面行きのバス停「和田」の真向い、道路の反対側に寺の本堂が見られます。門柱に「日蓮宗 天王山 大泉寺」とあります。『初声の歴史探訪記』(浜田勘太著)の中に、寺所蔵の「寺明細帳」を紹介して、その由緒を次のように記しています。

 「当寺ハ応仁元(1467)年中、和田ノ住人内匠長又(たくみながよし)ト申者、日泉(にっせん)上人ノ教化ヲ享(うけ)、改宗シテ自ラ開基トナリ、一宇ヲ建立シ、日泉上人ヲ開山トシテ大泉寺ト称ス。」とあります。

 ただ、この寺は昭和十八年に火災に遭(あ)って、寺の縁起などが焼失してしまったと言われ、「寺明細帳」のみが火災から免(まぬが)れたもので、貴重な資料なのです。

 現在の本堂は、道路の反対側にあった「安楽寺」の薬師堂を移したものと言われています。寺の門柱の右脇に「南無妙法蓮華経」と日蓮宗独得の流れるような型で書かれた文字の下に「法界」の言葉も記されています。上は経文ですが、下の「法界」の意は「広大無辺のすべての世界」を指すのでしょうか。塔の左側面の上方に大きな文字で「当山廿四世、文浄院日静大徳」と刻字され、その下方に九人の方の戒名が記されており、右側面には「南無宗祖日蓮大菩薩」と大書されています。裏面には「寛政五癸丑(1793)稔(にん) 霜月(しもつき)(旧暦の十一月)下旬」と建立の日付が記され、下方に「天王山大泉寺 廿八世日通代」とあります。

 さらに、台座の方に目を移すと、正面には「施主」と書かれ、六名の方の名前が見られます。中に、「母」や「妻」との文字もあります。最後に「文浄院筆子中 惣施入」とあり、横の面に「世話人 又四郎 安右ヱ門」とも記されています。

 この題目塔は文浄院日静大徳上人のために「筆子中」(寺子屋の弟子のこと)が建立した塔だったのです。寺子屋の師匠は二十四世でしたが、建立は二十八世の日通上人の時となります。浜田勘太氏は『初声の歴史探訪記』の中で、日静上人の寺子屋は宝暦(1751〜64)から明和(1764〜72)の頃ではないかとしています。

 「大泉寺」の辺りは「和田の里区」とあります。寺の脇に国道から東へ向かう細い道があります。その道をたどって進むと、左側に石造りの鳥居が見えてきます。「神明鳥居」です。鳥居とは何か。『廣文庫』の中に『神道名目類聚鈔(るいじゅしょう)』をあげ、「鳥居ハ日ノ神天ノ石窟ニコモリ給ヒシ時、八百万(やおよろず)神謀(はか)リテ出御(ぎょ)アラン事ヲ祈玉(いのりたま)ヒ、ツヒニ木ヲ石戸ノ前ニ建テ、鶏(にわとり)ヲ其ノ木ノ上ニ居ラシメテ鳴カシム、所謂(いわゆる)此ノ木則チ鳥居ノ初(はじめ)也。故ニ鳥居ト云フ。」と言うことは、神域に入って、鳥の如く声を発する必要があるのかもしれません。こんなことを考えていますと、大きな鳥居と長い石段が目前でした。「神明白旗神社」の入口です。

(つづく)
 

三浦版のコラム最新6

思い出や学び、忘れないで

”わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

思い出や学び、忘れないで

中井武さん(マリンパーク館長)

9月24日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

9月24日号

世界一の素敵親子をめざして

連載31

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

9月24日号

ともに歩んだ53年に感謝

”わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

ともに歩んだ53年に感謝

三上成次さん(マリンパークスタッフ)

9月10日号

第23回 白髪の種に変わる「センニンソウ」

三浦半島 草花歳時記

第23回 白髪の種に変わる「センニンソウ」

文・写真 金子昇

9月10日号

息子と愛犬と一緒に楽しんだ

“わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

息子と愛犬と一緒に楽しんだ

衆議院議員・環境大臣 小泉進次郎さん

8月27日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook