三浦版 掲載号:2018年6月8日号
  • googleplus
  • LINE

連載 第17回「飴屋踊りのこと」 三浦の咄(はなし)いろいろ みうら観光ボランティアガイド 田中健介

 北原白秋の随筆『漁村の秋』の中に、次のような文章があります。

 「色々の紅い小旗を挿(さ)した盥(たらい)のやうなものを頭に載せて、女の飴屋(あめや)が小さな鉦(かね)を叩いて遣(や)って来るのもその頃でした。チンカラチンカラ、それが黄色な秋陽の中で賑やかに囃(はや)し立てると、何処からともなく顔の真っ黒い浜の子どもたちが群(むらが)って来て、ウジャウジャ蹤(つ)いて行くのです。」とあります。

 この文章から思い起こしたのは、「菊名」の地にある「白山神社」の例祭(十月)の奉納芸能として「飴屋踊り」が演じられていることです。

 昭和三十八年、県立図書館で発行された『神奈川の歴史』(県下の民俗篇下)の中に永田衡吉氏の文として、「本県を初め、埼玉・千葉・東京方面にある、手踊または地狂言の一種である。」として「アメヤ踊」というのは本県だけらしい。」と記されています。さらに「実際に演じているのは、三浦市菊名・上宮田・鎌倉材木座・逗子・横須賀の長井」などをあげています。さらに、「江戸末期か、明治初期に、三浦・鎌倉系のものは房総から、横浜の農村系は江戸から流入したものと思われる。」として、「街頭の飴屋と、地方歌舞伎の役者たちが伝播した。」とあります。また、「さいわいに、菊名と上宮田の飴屋踊は、カブキに堕(おと)せず、念仏に染まず、本来の舞態を、よく温存していると思う。」とも書かれています。

 昔、菊名の児童会館一帯は麦畑で道路からお宮がよく見え、麦を刈り取った後、その畑を借りて舞台を造り、近隣より沢山の見物客が来て夜遅くまで賑わっていた、とのことで、昭和三十年十一月一日に「神奈川県無形文化財」に、昭和五十一年十月十九日に「指定無形民俗文化財」に登録され、毎年行われていましたが、保存会の会員の高齢化と減少のため、平成元年を境にして地元での上演が困難となってしまいました。しかし、平成二十年、地元菊名の女性の方々が飴屋踊りに興味を持たれ、習ってみたいとの申し出があり、保存会の指導のもと、練習に練習を重ね、地元での上演が再開されるようになりました。

 内容は「手踊り」と「段物」に分かれ、「手踊り」とは、踊りの中心の演目でセリフが少し入ります。「段物」とは、歌舞伎・地狂言などを取り入れたもので、セリフが入った芝居物です。

 「手踊り」の演目は「白松粉屋」・「新川」・「かきがら」・「子守」・「細田(ほそだの)奴(やっこ)」などで、「段物」は「笠松峠」・「五段目」(忠臣蔵のうち)・「豊川利生記」などがあります。

 今年の十月にも「あめや踊り」が見られるものと期待しています。

(つづく)

三浦版のコラム最新6件

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載 第二回「オーラルフレイル(口腔ケア)」

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

6月8日号

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第16回「菊名左衛門重氏 氏のこと」

三浦の咄(はなし)いろいろ

5月25日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第15回「琴音海岸のこと」

三浦の咄(はなし)いろいろ

5月11日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載 第一回「地域包括ケアシステム」

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

5月11日号

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク