三浦版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

連載 第37回「海南神社のこと」 三浦の咄(はなし)いろいろ みうら観光ボランティアガイド 田中健介

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena
「海南神社」の正面
「海南神社」の正面

 はじめに、前回の後半に「海南神社」とすべきところを、「南海神社」と記したことは、まちがいです。「海南神社」と訂正して、お詫び申し上げます。

■   ■   ■

 「海南神社」のことについて、『新編相模国風土記稿』(天保十二年/1841年完成)に、「海南明神社」として、「本郡の惣社なり、藤原朝臣資盈の霊を祀ると云ふ、神体は束帯(儀式などで着た正式の服装)の座像長さ一尺五寸(約45・5センチ)。また、地主神と称する神体あり」として、「長さ五寸(約16・5センチ)、十(じっ)徳(とく)(近世、絵師や医者などが着た、わきを縫いつけた羽織のような衣服)の如きものを着す。」と書かれています。

 さらに、「社伝の略」として、前回でも記しましたが、ここでは次のように記しています。

 「資盈は太宰大弐(だざいのだいに)(「太宰府」と言う、現福岡県太宰府町に設けられた西海道〈九州〉の総管府で、長官を師(そち)と言い、次官を大弐(だいに)と称した。)廣嗣(ひろつぐ)四代の孫なり、貞観六(864)年、伴大納言善男、左大臣源信を亡(ほろぼ)さんとの企(くわだて)ありて資盈を語らふ(誘(さそ)うの意)、資盈肯(した)がはず、善男怒りて資盈謀反(むほん)の聞(きこ)えありと讒(ざん)す(そしるの意)、此(ここ)に於(おい)て資盈を追討すべきの勅(天子のことば)あり、資盈九州に居ることを得(え)ず、父子三人郎等五十三人を具(ぐ)して、海に浮び十一月一日、此地に着す、時に房総の海賊民家を煩(わずら)はす、資盈是(これ)を討て、殃(わざわい)を除(のぞ)く、土民(土地の人々)尊敬浅からず、同八(866)年十一月一日夫婦郎等四人相共に没す、その死骸を海に沈め、祠(ほこら)を建て神に祀(まつ)ると云ふ、按ずる(しらべてみるの意)に此の事、国史に所見なし、系図に拠(よる)に、廣嗣は宇合の子、天平十二(740)年、謀叛(むほん)の聞(きこ)えありて誅(ちゅう)(討たれるの意)に伏す。」とあります。

 このことについては、『俳諧三崎志』(市明改訂のもの)では、「相伝秘書曰」として、次のように記しています。

 「太宰廣嗣(ひろつぐ)の曽孫(ひまご)松浦広尚の孫(まご)尚資(なおすみ)の死後、後継がなく、勅によって資盈が、その職を賜わった。」(一部省略)とあります。

 それにしても、九州から、この地への舟旅は、たいそう難儀なことであったと思います。 

 「御神詠」として次のように詠われています。 

 「霧の海の南に弓をかけまくもかしこき神の例(ためし)にそ引く」と、あります。

(つづく)

三浦版のコラム最新6

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第41回「海南神社のこと【5】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

6月14日号

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

文・日下部順治その23 夫妻の最期と、長女みかさん

6月14日号

世界一の素敵親子をめざして

連載5

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

5月31日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第40回「海南神社のこと【4】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

5月31日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

5月31日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第39回「海南神社のこと【3】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

5月17日号

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

文・日下部順治その22 実験所を支えた地元の2人【7】

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク