三浦版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

連載 第41回「海南神社のこと【5】」 三浦の咄(はなし)いろいろ みうら観光ボランティアガイド 田中健介

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena
本殿の左、相州海南高家神社
本殿の左、相州海南高家神社

 「海南神社」が他に見られる姿と言えば、参道の左側に、食材を抱えた大きな肖像画が描かれていることです。「食の神」と言われる「磐鹿六雁命」の姿です。本殿の左側に祀られています「相州(そうしゅう)海南(かいなん)高家(たかべ)神社」の祭神です。千葉県千倉町の高家(たかべ)神社からの分社です。海山の物産に恵まれた三浦で、この神を祀ることは、自然の恵みに感謝を捧げ、食文化の向上を祈願する「食の神」祭を毎年開催しています。本年は先月の、五月十六日に、「包丁塚移設記念式典・包丁供養祭」が開かれました。

 「食の神」と言われる「磐鹿六雁命」とは、どういう神様なのでしょうか。

 天皇の初代は「神武天皇」で、第十二代が「景行天皇」です。その子に「大碓(おほうす)の命(みこと)」、「小碓(をうす)の命(みこと)」がおられます。『日本書紀』に、「父の天皇が皇子の誕生に当って、石臼の上で躍(おど)って喜んだから、大碓の命、小碓の命と言う。」(『古事記』角川文庫版の脚註)とあります。

 その「小碓の命」が、後ちの「日本武尊(やまとたけるのみこと)」です。この表記は『日本書紀』のもので、『古事記』では「倭 建 命」と、しています。

 景行天皇の二十七年、冬十月十三日に、天皇は日本武尊を遣わされて、九州の熊襲(くまそ)をお撃たせになったのです。その時、日本武尊の御年は十六歳でした。その後、「東征」を経て、「能褒(のぼ)野(の)」(現三重県鈴鹿郡の地)に至られて、お崩(かく)れになったのです。時に御年三十。

 その後、「景行天皇」は、「小碓王」(日本武尊)が平定した国を巡幸したい、旨を群卿に伝え、冬十月に、上総国に至られて、海路をとって淡水(あわのみ)門(なと)(現館山湾か?)を、お渡りになった。このとき、覚賀(かくかの)鳥(とり)(みさご)の鳴声がした。天皇は、その鳥の形をご覧になりたいと思われ、海の中に出られた。そこで白(う)蛤(むき)(はまぐり)を得られた。そのとき、磐鹿六(いわかむつ)雁(かりの)という者が、蒲(がま)の葉を手繦(たすき)として、白蛤を膾(なます)につくってたてまつったのです。天皇は、大変によろこばれて、磐鹿六雁命とし、膳(かしわでの)臣(おみ)を賜わったのです。後に宮中にあって大膳職の長となり、わが国の料理の祖神として崇められています。

 境内にある肖像画は、磐鹿六雁命の大絵馬で、縦4m・横5mと言われています。描いている方は「馬堀法眼喜孝」画伯で、三浦市内の「七福神」の肖像画をも描いている方です。

 境内にある「神楽殿」の軒下周囲には日本神話の数々が絵に描かれていて、神域の雰囲気をも醸(かも)し出す効果を示しているようです。

(つづく)
 

三浦版のコラム最新6

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

10月18日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第49回「見桃寺のこと【2】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

10月18日号

世界一の素敵親子をめざして

連載9

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

10月18日号

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

東京大学三崎臨海実験所異聞〜団夫妻が残したもの〜

文・日下部順治、吉本尚その27 番外編【4】

10月4日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第48回「見桃寺のこと【1】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

10月4日号

世界一の素敵親子をめざして

連載8

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

9月20日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第47回「歌舞島のこと【2】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク