三浦版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

連載 第48回「見桃寺のこと【1】」 三浦の咄(はなし)いろいろ みうら観光ボランティアガイド 田中健介

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena
「紫陽山 見桃寺」の本堂入口の掲額
「紫陽山 見桃寺」の本堂入口の掲額

 「歌舞島公園」の地は「三浦市白石町」と呼ばれる地域です。江戸期には「二町谷(ふたまちや)村」と呼ばれた「三崎分村の一なり」(『新編相模風土記稿』)とあって、「家数百三十四」とも記されています。この地名はバス停留所のみ、残されています。

 この「白石町」に「見桃寺」という寺があります。紫陽山と号す、臨済宗京都妙心寺派に属し、本尊は釈迦牟尼仏です。寺の開山は駿河国(現静岡県)の清見寺の白室禅師です。開基は向井兵庫頭(かみ)政綱で、創建されたのは天正年(1573〜91)間と言われています。

 この地は「桃谷」と言われ、源頼朝公もしばしば訪れている所で、「桃の御所」と呼ばれる所でもあります。

 『三浦繁昌記』(明治四十一〈1908〉年、横須賀公正新聞社発刊)に、「桃の御所」としての紹介文に、「桜の御所、桃の御所、椿の御所を三浦三崎の三御所(ごしょ)と云ふ、何(いず)れも頼朝が四時(しいじ)(四季)の行楽を恣(ほしいま)まにせんがため、思ひを凝らして経営せしものである。其(そ)の桃の御所の遺蹟は見桃寺に在り、読んで字の如く、桃花の妖艶を以(もっ)て、頼朝の風懐(風流な心情)を惹(ひ)きし所」と書かれています。

 この「見桃寺」には、市の教育委員会指定の薬師如来像も祀られています。元は城ヶ島の薬師山と言われた寺の本尊で、平安時代の作と言われています。

 また、「三浦三十三観音札所巡り」の第二番目となる「聖観世音菩薩像」も祀られています。その御詠歌は、「はるばると 来たりて拝(おが)む観世音 就(つ)くか浄土へ 光りまします」とあります。

 この観音様に関係する話が、『三崎志』(天明二〈1782〉年刊行)の「仏刹」(仏閣の意)のうち、「照臨山能救寺(のうぐじ)」の項に、「禅宗、本尊正観音、三浦第二札所」とあって、「伝ヘテ曰(いわ)ク、寛永ノ頃(1624〜43年)此ノ地ニ、鈴木九左衛門、大井清左衛門、川端茂左衛門ト云フ者アリ。或ル時、三人海ニ出テ釣スルニ、一奇石ヲ釣得(え)タリ、捨テルコト三度ニシテ帰ル。ソノ夜、各(おのおの)霊夢ニ感ズ。夙(つと)(朝早く)ニ起キテ、前ノ所ニ至リ、釣スルニ、又、右ノ石ヲ得タリ。洗浄シテ見レバ、救世菩薩ノ像ナリ。即、負(お)ヒ帰リ、紫陽山白室禅師ニ奉ス。師ハ卽(そく)仏工(ぶっこう)ヲシテ新(あらた)ニ仏像ヲ作ラセ、石像ヲバ本尊トシテ崇敬ス。利益イチジルシ。是(ここ)ニ於(おい)テ、三人落髪シ、三帰戒ヲ受ケテ堂司トナリ、終(つい)ニ正念往生ヲ得シトカヤ」(後略)とあります。

 なお、読みと読点は筆子によるものです。

 その後、「能救寺」は廃寺となりました。

 現在の「見桃寺」は現代風のコンクリート造りになっています。山号と寺名が本堂の正面に掲げられています。  (つづく)
 

三浦版のコラム最新6

世界一の素敵親子をめざして

連載17

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

6月26日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

6月26日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第61回「『三浦古尋録』より」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

6月26日号

第8回 用心棒にアリを雇う

三浦半島 草花歳時記

第8回 用心棒にアリを雇う

文・写真 金子昇

6月12日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第60回「『新編三浦往来』より」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

6月12日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第59回「油壷のこと【3】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月4日号

お問い合わせ

外部リンク