三浦版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

三浦半島 草花歳時記 第2回 冬至(12月22日)にはユズ湯 文・写真 金子昇

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena

 冬至に柚子湯へ入るのは、冬至を「湯治」に、柚子を「融通」にかけ、健康に過ごすという語呂合わせから生まれました。もともとは厄払いをするために身を清める「禊」(みそぎ)からといわれています。

 「ユズ」は日本の果実の中で、最も成長が遅く、忘れた頃に実をつけます。昔からいろいろな果実が熟すまでの期間を、「桃栗3年 柿8年 枇杷9年でなりかねる 梅は酸い酸い13年 柚子の大馬鹿18年」と歌われてきました。ユズは実るまでに長い年月を経るため、柚子湯には長年の苦労が実りますとの願いが込められています。

 ユズの由来は、中国語の「ユーズ」(柚子)が訛(なま)ったものです。「柚」のつくり「由」には、「通り抜ける」という意味があるので、サンズイ(水)をつけると「油」になり、「通りの良い液体」の意味になります。キヘン(木)を組み合わせると「穴を開けるとたくさんの汁が通り抜ける果実」で、「柚」となります。

 枝についたユズの写真で、右側は枝に密着した柄(へた)、左側は花が咲く部分(写真は萎んだ状態)ですので、花を主体に見れば、果実の頭(上)は左側、尻(下)は柄(へた)のある右側となり、普通テーブル等に置く時には、尻が上(写真下)になっています。
 

三浦版のコラム最新6

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第66回「三浦古尋録その【5】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

9月11日号

第11回 外来種「アメリカネナシカズラ」

三浦半島 草花歳時記

第11回 外来種「アメリカネナシカズラ」

文・写真 金子昇

9月11日号

世界一の素敵親子をめざして

連載19

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

8月28日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第65回「三浦古尋録その【4】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

8月28日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

8月28日号

第10回 小野嵐山も愛用した?「ハマゴウ」

三浦半島 草花歳時記

第10回 小野嵐山も愛用した?「ハマゴウ」

文・写真 金子昇

8月7日号

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    8月28日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月11日号

お問い合わせ

外部リンク