三浦版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

連載 第53回「諸磯のこと【2】」 三浦の咄(はなし)いろいろ みうら観光ボランティアガイド 田中健介

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena
諸磯浜から対岸の油壷の先端を見る
諸磯浜から対岸の油壷の先端を見る

 北原白秋が三崎に転居してきたのは大正二年の四月下旬でした。白秋の父母、弟妹そして、最初の妻となる俊子をむかえ、一家をあげて三崎の向ヶ崎に住んだのでした。

 白秋は黒い表紙の手帳を懐(ふところ)にして、三崎の町中を歩いていたのです。三崎を詠じた歌集『雲母集(きららしゅう)』には五百五十首にも及ぶ歌が収められています。

 大正二年の九月には、白石の見桃寺に妻の俊子と二人のみで移住しています。その白秋が「畑の祭」という作品を書いています。岩波版の『白秋全集』29巻に「白秋小唄集」として「草の葉っぱ」という題の中に「畑の祭」が収められています。

 「大正二年九月某日、相州三崎は諸磯神明宮祭礼当日の事、上層に人形、下段にお囃子(はやし)の一座を乗せた一台の山車(だし)は漁師と百姓とを兼ねた素樸(そぼく)な村人の手に曳(ひ)かれてゆく。先(ま)ずその山車は鎌倉街道から横にそれて、一小岬の突鼻(とっぱな)の神明宮(しんめいぐう)まで、黍畠(きびばたけ)粟畑(あわばたけ)の高い丘道をうねってゆく。而(しか)も日中、日は天心(てんしん)(空のまんなか)にかかってゐ(い)る。径(みち)は緩(ゆる)い傾斜を登ったり下(お)りたりしてゆく。崖の高みを行くのでその両方に真碧(まっさお)な海が見える。径(みち)が山車(だし)の幅より狭(せま)い位(ぐらい)なので、松や蜜柑(みかん)にぶつかったり何かする。而(しこう)して畑の上でも何でも構(かま)はず曳(ひ)いてゆく。(中略)山車が進んでゆくと、そこから神明宮と相対した油壷の入江が見え、向(むこ)ふの丘の上に破れかかった和蘭風(オランダふう)の風車が見えてくる。その下に大学の臨海実験所の白い雅致(がち)(上品なあじわい)のある洋館がある。芝生が見えキミガヨランが見え、短艇(ボート)が二、三艘浮いて見える。まるで南伊太利亜(イタリア)あたりの風景にでも接するやうである。愈(いよいよ)丘の畑をすべり下りると平たい、かっと明るい渚(なぎさ)に出る。右も左も渚である。ここに神明宮の鳥居がある。(中略)一同は赤々と日が暮れるまで盛んに酔っぱらって踊ったり、唄ったりする。(中略)凡(すべ)てが如何(いか)にも馬鈴薯式なので村の祭とか田舎とか云ったりするよりは却(かえ)って『畑の祭』とした方が適当かも知れない。」(後略)

 この後(あと)に「やれやあ引、さの、せえい、せえい、せえい、せえええい、」で始まる詩が続きます。かけ声の入った、リズミカルな詩です。内容は次回に……。

 諸磯神明宮の例大祭は九月四日ですが、現在では四年に一度、神輿(みこし)の渡御が行われるとのことです。     (つづく)
 

三浦版のコラム最新6

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第64回「三浦古尋録その【3】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

8月7日号

第10回 小野嵐山も愛用した?「ハマゴウ」

三浦半島 草花歳時記

第10回 小野嵐山も愛用した?「ハマゴウ」

文・写真 金子昇

8月7日号

世界一の素敵親子をめざして

連載18

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

7月24日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

7月24日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第63回「三浦古尋録その【2】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

7月24日号

第9回 原始的な樹木「マテバシイ」

三浦半島 草花歳時記

第9回 原始的な樹木「マテバシイ」

文・写真 金子昇

7月10日号

あっとほーむデスク

  • 8月7日0:00更新

  • 7月24日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月7日号

お問い合わせ

外部リンク