三浦版 掲載号:2020年1月10日号 エリアトップへ

三浦半島 草花歳時記 第3回 正月に立てる門松「クロマツ」 文・写真 金子昇

掲載号:2020年1月10日号

  • LINE
  • hatena

 明けましておめでとうございます。今回は門松とクロマツについての話です。門松には普通「クロマツ」を利用しますが、この風習は日本独特のもので、1070年頃の文献にはじめて「世俗が門戸にさす」とあり、源氏物語や枕草子には出てきません。松を利用する理由の一つに、常緑で剛健、また変幻自在とも思える多様な形姿をしており、荒れ地でもところかまわず根づく生命力があることから、古来より長生きの象徴や不老長寿の願いを込め、めでたい木とされてきました。

 クロマツの花は、4〜5月に同じ株の中で別々に咲き(雌雄同株)、雌花は今年伸びた枝の先端に紫紅色の楕円状球形が1〜3個、雄花はその下部に多数固まってつきます。そして雄花は花粉を飛ばした後には脱落、雌花は受粉後閉じたまま緑色に変色し、翌年の秋まで成長して、茶褐色のマツボックリ状になっていきます。熟すと固い鱗片が開き、中から種子が飛び出します。種子からの発芽は良く繁殖するので、ここにも長寿と子孫繁栄を願う意味があります。夏から秋にかけて、一枝に今年のマツボックリ(緑色)と、昨年のマツボックリ(茶褐色)が同時に見ることができます。
 

三浦版のコラム最新6

世界一の素敵親子をめざして

連載12

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

2月21日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

2月21日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第56回「三戸から小網代へ」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

2月21日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第55回「ふところ日記【1】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

2月7日号

第4回 「河津ザクラ」は偶然の発見

三浦半島 草花歳時記

第4回 「河津ザクラ」は偶然の発見

文・写真 金子昇

2月7日号

世界一の素敵親子をめざして

連載12

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

1月24日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第54回「諸磯のこと【3】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク