三浦版 掲載号:2020年4月3日号 エリアトップへ

三浦半島 草花歳時記 第6回 「椿」(ツバキ)は和製漢字 文・写真 金子昇

掲載号:2020年4月3日号

  • LINE
  • hatena

 今回は三崎三御所の一つ、大椿寺の「ツバキの御所」からツバキの話です。

 昔から草や木の名前を命名する時には、中国の古い文献(図鑑)より似ている草木の名を漢字で表してきました。文献から見出せない草木には、「萩」「榊」「楠」等のように和製漢字を作り、ツバキも春に咲く木から「椿」と表しました。ちなみに中国では椿は「チャンチン」を指します。

 野生種のツバキを「ヤブツバキ」といい、語源は艶葉木、光沢木(つやき)、強葉木(つよばき)等からつけられました。

 また自家受粉をせず、常に他の木と受粉をするため、実生からでも変わり花がよく現われる花木で、古くから多くの品種が作られてきました。

 ツバキとサザンカとの違いで、わかりやすいのは次の通りです。【1】花後の花弁の落ち方…ツバキは1個の花がポトリと落ち、サザンカは1枚1枚バラバラに落ちます。【2】子房の表面…ツバキの表面は毛がなくつるつる、サザンカの表面は白い毛で覆われています。【3】苞(ほう)と萼(がく)…ツバキは花弁が落ちても苞と萼は残りますが、サザンカは開花時に苞と萼を落としてしまいます。
 

三浦版のコラム最新6

世界一の素敵親子をめざして

連載15

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

5月29日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

5月29日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第59回「油壷のこと【3】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

5月29日号

第7回 竈(かまど)の神も嫌う「トベラ」

三浦半島 草花歳時記

第7回 竈(かまど)の神も嫌う「トベラ」

文・写真 金子昇

5月15日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第58回「油壺のこと【2】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

4月17日号

世界一の素敵親子をめざして

連載15

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

4月17日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク