三浦版 掲載号:2020年5月29日号 エリアトップへ

連載 第59回「油壷のこと【3】」 三浦の咄(はなし)いろいろ みうら観光ボランティアガイド 田中健介

掲載号:2020年5月29日号

  • LINE
  • hatena
眉山が歩いたであろう油壷(マリンパーク下)の海辺の岩々
眉山が歩いたであろう油壷(マリンパーク下)の海辺の岩々

 道寸公の墓を参拝した後、川上眉山は油壷の海辺へと歩を進めます。そのことを次のように記しています。

 「丘を下り、浪(なみ)に添ひ、岩を跳(とび)越え、松に縋(すが)りて危き崖下を行くこと少時(しばし)、巨巌(きょがん)浪を衝(つ)い勢(いきおい)飛動せむずる根(ね)もとに出づ。」(丘を下って波にしたがって岩を跳び越(こ)え、松の木につかまりながら危い崖下をしばらく行くと、大きな波が巨大な岩にうちつけている処の下方に出た。)「かたへの稍(やや)平なる方に下(おり)立ち、岩の狭間(はざま)に枯枝(かれえだ)を積み、火を放(はな)ちて酒を煖(あたた)む。」(片側の少し平(たいら)になっている方に下(おり)立って、岩と岩のせまい間に枯れ枝を積み、火を燃やして酒を温めた。)(もし、都の華やかな中に居て、手を打てば、しとやかな女性がよい肴(さかな)をもって、ゆったりと美酒をすすめてくれるのに、)「落莫(らくばく)(ものさびしい)たる城址の下、沖の白帆を見る眼の友として、旅にしあれば椎(しい)の葉のそれも無(な)ければ、柏の広葉を折敷きたるを器に、手近(てぢか)に生(は)へる紫海苔(のり)を自(おのづか)らなる潮に揉(も)み、袂(ふところ)の玉子を打添(うちそえ)のさかなとしたるに、落散る色貝の美しきを盃(さかづき)として飲みかくる。」

 このように、眉山は枯れ葉を尻の下に敷き、手近の岩海苔を肴(さかな)にして、貝殻(かいがら)を盃にして燗酒を飲んだのでした。そして海上へと眼を移します。

 「時なるかな、風は雲を払い尽して塵(ちり)も交(まじ)らぬ乾(いぬい)(北西の方角)の空に我が白妙(しろたえ)の富士は漫々(広くはてしないさま)たる蒼波(そうは)を排(ひら)き(青い波をおしひらいて)其山此山足柄(そのやまこのやまあしがら)つづきのうす墨(ずみ)を抜(ぬ)いて高く婉(えん)(しなやかでうつくしい)として立つ。大島も見ゆ。天城(あまぎ)も見ゆ。」

 眉山の眺めた北西の海上の彼方に、まっ白に雪を被(かぶ)った富士が足柄山を始め、山々の彼方に、美しい姿を見せています。また、伊豆の山や大島の島影をも眺め入ったのでした。

 その後、眉山は三崎へと向かいますが、道々、自らの飲酒について、「とにもかくにも酒を慎まむことを思ふ。頃来(けいらい)(このごろ)日に飲む事三升を下らず…」と書き記しています。さらに、「三崎に行かば飲むべし。と直ちに思定(おもいさだ)むる心根(ここね)の下劣(げれつ)なることを恥づるの次第是非もなし」とも記しています。

 三崎では「紀の国屋」旅館に二泊して、菊名から浦賀へと向かっています。

 眉山の「三崎」での様子は、部分的に『三崎町史』(上巻)にも掲載されています。

          (つづく)
 

三浦版のコラム最新6

世界一の素敵親子をめざして

連載17

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

6月26日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

6月26日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第61回「『三浦古尋録』より」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

6月26日号

第8回 用心棒にアリを雇う

三浦半島 草花歳時記

第8回 用心棒にアリを雇う

文・写真 金子昇

6月12日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第60回「『新編三浦往来』より」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

6月12日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第59回「油壷のこと【3】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月4日号

お問い合わせ

外部リンク