三浦版 掲載号:2020年8月7日号 エリアトップへ

三浦半島 草花歳時記 第10回 小野嵐山も愛用した?「ハマゴウ」 文・写真 金子昇

掲載号:2020年8月7日号

  • LINE
  • hatena

 この時期、三浦半島の海辺には美しい淡青紫色(中心部は暗赤色)の花、「ハマゴウ」が見られます。茎は砂浜を這うように四方へ広がっていきます。背丈が低く草本状のようですが、クマツヅラ科の立派な樹木で、伸びた茎(ランナー)からは根を出し体を支えています。

 名の由来は、枝が這うので「浜這い」(はまばい)から「ハマゴウ」へと転訛(てんか)していきました。全体に芳香があり、昔は樹皮や葉の粉末で香や線香をつくりました。江戸時代の草本学者・小野嵐山は、葉を燃やしてその香気を仏に捧げることから「浜香」とつけたといいます。果実を枕に入れると安眠できるようです。

 地方名として、佐渡の「浜柳」、枕草子の中にも「遠江の花柳」と記されています。八丈島ではゴーグル(水中眼鏡)が曇ると、この葉で拭って除くので「メガネフキ」と呼んでいます。

 黒みを帯びた球形の果実は、カンフルなどの精油を含み、消炎剤、強壮剤、清涼剤等の漢方薬「蔓刑子」(まんけいし)に使われています。
 

三浦版のコラム最新6

世界一の素敵親子をめざして

連載21

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

10月23日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

10月23日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第69回「三浦の五木その【2】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

10月23日号

三浦の咄(はなし)いろいろ

連載 第68回「三浦の五木その【1】」

三浦の咄(はなし)いろいろ

みうら観光ボランティアガイド 田中健介

10月9日号

第12回 「アオツヅラフジ」の種の模様が

三浦半島 草花歳時記

第12回 「アオツヅラフジ」の種の模様が

文・写真 金子昇

10月9日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

9月25日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク