三浦版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

連載22 世界一の素敵親子をめざして 文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena

 日本の親が子どもに望む性格特性(どんな性格になってほしいか)をご存知ですか?トップ3は「他人の事を思いやる」「規則を守り人に迷惑をかけない」「責任感」の順です。一方、海外の親が望む性格特性は、国ごとに差が生じますが、「責任感」「正義感」「指導力」などが上位に並び、「思いやり」は中ごろから最終項目あたりです。また、日本では「指導力」は最下位となっており、国によって性格特性の違いがあることがわかります。また働く人への調査でも、理想の上司像に「思いやりのある上司」がトップです。日本人は「思いやり」に対する思いが大きいですね。

 「思いやり」は、私たちが生きていく上で人と関わる時にとても大切なものです。コミュニケーション力の基礎ともいえます。子どもの「思いやり」を示す場面として、人の話を聞く、交代・貸すことができる(学齢期以上)、相手の状況を見て待つことができる、友達の手助けができる、家でのお手伝いができるなどがあげられます。

 では、「思いやり」の力を伸ばすために私たち大人ができることは何でしょうか?人の良いところを指摘する。思いやる場面を見せ、思いやりを示す機会を作る。人の批判をしない。仲直りをすすめ、自分の気持ちを話させる―が、「思いやり」の力を伸ばすために大切です。数カ月前に連載でお伝えした「しつけは、思いやりを養う」。これも知っておいていただきたいポイントです。

 昔のドイツ生活で思い出されることの一つに、若者たちが様々な人々へ配慮する姿があります。階段では、サッとベビーカーを運び、公共の乗り物では席を譲るのはもちろん、空いていても座らない若者が多く見受けられました。その姿は、とても自然で美しかったです。彼らは、小さい頃から社会の中で、そのようなお手本を見て育っています。優先席でゲームに夢中になっている若者がいる日本の現状は、私たち大人にあるのではないでしょうか。子どもの思いやり力を最大限引き出せる社会でありたいものです。    (つづく)
 

三浦版のコラム最新6

第24回 海岸型の「マルバアキグミ」

三浦半島 草花歳時記

第24回 海岸型の「マルバアキグミ」

文・写真 金子昇

10月8日号

思い出や学び、忘れないで

”わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

思い出や学び、忘れないで

中井武さん(マリンパーク館長)

9月24日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

9月24日号

世界一の素敵親子をめざして

連載31

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

9月24日号

ともに歩んだ53年に感謝

”わたし”の京急油壺マリンパーク 連載

ともに歩んだ53年に感謝

三上成次さん(マリンパークスタッフ)

9月10日号

第23回 白髪の種に変わる「センニンソウ」

三浦半島 草花歳時記

第23回 白髪の種に変わる「センニンソウ」

文・写真 金子昇

9月10日号

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を12月15日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook