三浦版 掲載号:2021年1月8日号 エリアトップへ

三浦半島 草花歳時記 第15回 七草粥を代表する「ナズナ」 文・写真 金子昇

掲載号:2021年1月8日号

  • LINE
  • hatena

 古歌「芹 なづな 御行 はこべら 仏座 すずな すずしろ これぞ七種(ななくさ)」

 新しい年の初めにいち早く芽を出した若草には、強い生命力があり、これを食べることで、その生命力が自分の体にも宿ると信じられていたことから、若菜摘みの風習が生まれました。そして正月7日の朝、神にささげた後、粥に入れて食べるのが「七草粥」です。七草粥は中国から伝わったといわれていますが、日本の平安時代にも「七種粥」という宮中行事がありました。

 七草の中で味が最も良いのが「ナズナ」です。三浦市内の農地ではほぼ一年中見られ、寒い時期には花径がなく、平べったい葉を広げた「ロゼット」という状態になります。ロゼットは他の草にでも見られます。ロゼット状にすると、寒い風を避け冬でも光合成を行い、春になれば一気に直立の花径を伸ばし、花を咲かせることができます。

 名の由来にはいろいろありますが、一つにはかわいらしいので「愛づる草」から、また漢名「薺」(なずな)を朝鮮古語では「ナジ」と発音したことからつけられました。さらに果実が三味線の撥(ばち)に似ているから別名「ペンペン草」とも。
 

三浦版のコラム最新6

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

5月27日号

第31回 境界木に使う「マルバウツギ」

三浦半島 草花歳時記

第31回 境界木に使う「マルバウツギ」

文・写真 金子昇

5月13日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

4月15日号

第30回「タブノキ」は花芽と葉芽が一つの芽

三浦半島 草花歳時記

第30回「タブノキ」は花芽と葉芽が一つの芽

文・写真 金子昇

4月1日号

世界一の素敵親子をめざして

連載36・最終回

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

3月18日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

3月18日号

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook