三浦版 掲載号:2021年6月11日号 エリアトップへ

三浦半島 草花歳時記 第20回 花色が変わる「ハコネウツギ」 文・写真 金子昇

掲載号:2021年6月11日号

  • LINE
  • hatena

 公園、庭園、山林等で白や赤の花を咲かせている「ハコネウツギ」は、栽培品の野生化したものが多く、自然分布は関東から東海地方の沿海岸になります。この地域は「フォッサマグナ地域」といい、1500万年前から500万年前の間に、火山島の移動と大規模な火山活動によって破壊と分断が繰り返されたため、固有の植物が多く見られるようになりました。その主な固有の植物はハコネウツギ、ハコネコメツツジ、サンショウバラ等、海岸植物ではアシタバ、ワダン等が挙げられます。

 ハコネウツギの花は、成長するにつれアントシアン(赤い色素)が作られてくるため、白色から赤色へと変化していきます。そのため別名「源平ウツギ」または「カメレオンの花」といわれています。また「ウツギ」は「空木」のことで、枝が中空になっているためです。

 同じ仲間で非常によく似た「タニウツギ」の花は、ピンク状の色をしていますが、途中で変色しないので区別できます。
 

三浦版のコラム最新6

第34回 食べるとご機嫌になる「ヤマノイモ」

三浦半島 草花歳時記

第34回 食べるとご機嫌になる「ヤマノイモ」

文・写真 金子昇

8月5日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

7月22日号

第33回 江戸時代「トウナス」と呼ばれた「カボチャ」

三浦半島 草花歳時記

第33回 江戸時代「トウナス」と呼ばれた「カボチャ」

文・写真 金子昇

7月8日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

6月24日号

第32回 紅葉が美しい「タイトゴメ」

三浦半島 草花歳時記

第32回 紅葉が美しい「タイトゴメ」

文・写真 金子昇

6月10日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook