三浦版 掲載号:2021年12月3日号 エリアトップへ

三浦半島 草花歳時記 第26回 いち早く紅葉する「ヤマハゼ」 文・写真 金子昇

掲載号:2021年12月3日号

  • LINE
  • hatena

 三浦半島の紅葉を楽しむのは「カエデ」ではなく、真紅に色づいた「ヤマハゼ」でしょう。しかし今年は強風等の気候変動のためか、早くから落葉し色づきも今いちのようです。

 別名「ハジノキ」「ロウノキ」「ハゼウルシ」などといい、関東以西に広く分布しています。日本では古くより鮮黄色の心材を、衣の染色に使われてきました。また樹皮は天皇の御衣を染めたことから、高貴な「はじ染め」に利用されてきたため、後に「ハゼノキ」に転じられました。

 よく似た「リュウキュウハゼ」(別名「ハゼノキ」)は果皮からロウを採るため、戦国時代末に中国より琉球・鹿児島へ輸入され栽培してきました。現在では関東以西に広く野生化し、ヤマハゼと混生しています。両者の違いは、

ヤマハゼ...葉の離面や若枝に褐色毛が密生し、果実の色は黄褐色。

リュウキュウハゼ...葉は無毛、若枝は始め微毛→無毛、果実の色は白色。中国では種子から採った油を印刷用のインクやペイントに使っています。

三浦版のコラム最新6

世界一の素敵親子をめざして

連載34

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

1月21日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

1月21日号

第27回 枝に餅を刺して祝う「ミズキ」

三浦半島 草花歳時記

第27回 枝に餅を刺して祝う「ミズキ」

文・写真 金子昇

1月7日号

特別編 「カキ」を供えた鏡餅

三浦半島 草花歳時記

特別編 「カキ」を供えた鏡餅

文・写真 金子昇

1月1日号

世界一の素敵親子をめざして

連載33

世界一の素敵親子をめざして

文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

12月17日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

12月17日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook