三浦版 掲載号:2022年3月18日号 エリアトップへ

連載36・最終回 世界一の素敵親子をめざして 文・家庭教育支援チーム「はっぴー子育て応援団」

掲載号:2022年3月18日号

  • LINE
  • hatena

 暖かい陽差しに気持ちも和み、夜明けの早さ、夕暮れの延びを感じるこの季節は、前に進もうとする気持ちがわきます。

 昨年度は、コロナの影響でトリプルP(前向き子育てプログラム)を思うような形でお届け出来ませんでしたが、今年度はZoomでグループワークを初開催しました。また、2回のセミナーのうち1回は、初のティーントリプルP(思春期の子を持つ保護者向け)を実施。以前、未就学児の保護者向けグループワークを受講した方も多く、あっという間に思春期になっていました。

 今回のセミナーテーマは「ティーンエイジャーの人間関係を助ける」。いつの時代も我が子の交友関係は、とても気になります。現代はネット上にも交友関係が存在している事も多く、その姿は見えない上に色々なリスクを含み、保護者にとって悩ましい所です。では、思春期の子どもが人間関係を上手に進めていくには、どのようなスキルが求められるでしょうか?それは、「自信、コミュニケーション力、先を見て動き準備する事」です。自信がある事は、自己肯定感を高め楽観的に物事を捉えます。コミュニケーション力は人の輪が広がり、仲を深めます。先を見る事で危険なことを回避しやすくなり、問題が起きた時に対応しやすくなります。また、家庭外に地域や属するコミュニティーを持つことも大切です。思春期の子どもと関わる時には適度な距離を保ち、考えを尊重することも大きなポイント。そのため親としての自分を確立することは、とても肝要です。

 多くの人は「親はいつまでたっても親だ」と言い、小さい頃はもちろん、社会人になり結婚し、何歳になっても心配がつきないと言います。子の立場から見ても、親への思いは変わらぬ物であり、普遍的な親子愛を長期間継続できるのは人間だけです。時に、思いがうまく伝わらない事もあります。仲たがいもあるでしょう。でも、親子になれた縁に心からの感謝をして「世界一の素敵な親子になりましょう!」。世界中に輝く笑顔の親子が増えますように。(完)

三浦版のコラム最新6

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

6月24日号

第32回 紅葉が美しい「タイトゴメ」

三浦半島 草花歳時記

第32回 紅葉が美しい「タイトゴメ」

文・写真 金子昇

6月10日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

5月27日号

第31回 境界木に使う「マルバウツギ」

三浦半島 草花歳時記

第31回 境界木に使う「マルバウツギ」

文・写真 金子昇

5月13日号

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

連載

100まで元気!健康ワンポイントアドバイス

三浦市社会福祉協議会 成田慎一

4月15日号

第30回「タブノキ」は花芽と葉芽が一つの芽

三浦半島 草花歳時記

第30回「タブノキ」は花芽と葉芽が一つの芽

文・写真 金子昇

4月1日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook