逗子・葉山版 掲載号:2011年5月27日号
  • googleplus
  • LINE

復元模写 「伴大納言絵巻」に感嘆 早大名誉教授の中野幸一さんが実物披露

文化

「伴大納言絵巻」の復元模写に見入る参加者
「伴大納言絵巻」の復元模写に見入る参加者

 絵巻に描かれた応天門の大火。歴史的一幕が今、現代によみがえる―。

 逗子市役所5階で市の主催する大学提携専攻講座「復元模写『伴大納言絵巻』を見る」が行われた。

 この日は絵巻の復元模写を所有する早稲田大学名誉教授の中野幸一さんが講師を務め、絵巻にまつわる時代背景や歴史的価値を解説した後、当日の目玉である実物が披露された。

 中野さんが所有する絵巻は約10mの絵巻3巻。原本(出光美術館所蔵)は平安時代の後期に制作され、800年以上の時を経ているため、剥落や欠損が著しいが、披露された模写絵巻は補筆復元してあるのが特徴。「模写というと剥落や虫食い部分もあわせて描くのが普通だが、欠けた部分が違和感なく復元されており、国宝の当初の姿を伝えるものとして資料的価値は非常に高い」と中野さん。

 模写の閲覧が始まると、講座に参加した65人の参加者は列を作り、当時の様子を伺わせる精巧な模写を堪能。参加者のひとりは「こうしたものを直に見れる機会は滅多にない。素晴らしい」と感嘆をもらしていた。

 国宝、伴大納言絵巻は「源氏物語絵巻」や「信貴山縁起絵巻」などと並ぶ日本四大絵巻のひとつ。平安前期の政治事件である「応天門の変」を描いている。模写は幕末の画家、冷泉為恭が手掛けたと見られている。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

田越川の魚105種報告

14年間の活動成果、冊子に

田越川の魚105種報告

2月9日号

親子と地域、つなぐ場に

久木小住民協

親子と地域、つなぐ場に

2月9日号

広報コンクールで最優秀賞

逗子市

広報コンクールで最優秀賞

2月9日号

「福は内!」掛け声響く

茶の湯の心、読み解く

山口蓬春記念館

茶の湯の心、読み解く

2月9日号

木管五重奏の響き

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月9日号

お問い合わせ

外部リンク