逗子・葉山版 掲載号:2011年11月4日号
  • googleplus
  • LINE

葉山牛に感謝と敬意込め

社会

葉山牛をモチーフにした慰霊碑に祈りを捧げる参加者
葉山牛をモチーフにした慰霊碑に祈りを捧げる参加者

新善光寺で「牛供養」酪農家や関係者など16人が鎮魂捧ぐ

 葉山町上山口の新善光寺で先月26日、葉山牛を生産する酪農家らが一同に介し、食肉として解体された牛を弔う「牛供養」を行った。当日は秋晴れに恵まれ、関係者ら16人が参加。酪農家らは「牛魂碑」を前で手を合わせ、解体された牛たちに感謝の祈りを捧げた。

 牛供養は葉山牛の酪農家らの年1回の恒例行事。一昨年には「葉山牛ブランドを記念して石碑をつくろう」と新たに同寺に牛魂碑を建立した。

 慰霊碑は葉山牛をモチーフにした台座が特徴的で大きさは高さ1・7m、幅2・5mほど。牛供養では台座に果物や野菜などが供え物がそえられ、同寺の住職が供養のための経を読み上げた後、参加者らが一人ひとり、慰霊碑の前で手を合わせた。同町上山口で葉山牛の飼育を営む石井廣さんは「葉山牛は私たちの生活から切り離せないもの。日ごろの感謝と敬意を込めて祈った。安らかに眠ってほしい」と話した。葉山牛は三浦半島で飼育された黒毛和牛。現在4戸の酪農家が飼育しており、年間200頭ほど生産されている。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク