逗子・葉山版 掲載号:2013年8月2日号
  • googleplus
  • LINE

海の危険な生き物知って 葉山町が呼びかけ

 海水浴シーズンが盛りを迎え、子どもたちが海で遊ぶ機会が増えていることから、葉山町は町ホームページに「海の危険な生き物」と題した情報ページを掲示している。毒や鋭い歯、トゲを持つ生き物のことを予め理解しておくことで「海水浴や磯遊びの際の安全確保に役立ててほしい」としている。

 生き物はクラゲの仲間(ハネウミヒドラ・アンドンクラゲ・アカクラゲ)、タコの仲間(ヒョウモンダコ)、ウニの仲間(ガンガゼ)、魚の仲間(ハオコゼ・ゴンズイ・ウツボ・アカエイ)など種類ごとに大別し、それぞれの症状や毒を持つ部位、応急処置の方法などを紹介。今春に茅ヶ崎や湯河原で発見され騒動になったヒョウモンダコについてはフグと同じ毒素を持つためかまれると非常に危険とした上で「万が一のときは至急医療機関で治療を受ける必要がある」と解説している。ページは同ホームページお知らせ欄から閲覧可能。作成した葉山しおさい博物館は「紹介しているのはいずれも葉山の海にも生息する生き物。予め知識を備えた上で安全に海を楽しんでほしい」と話している。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

暑中お見舞い申し上げます

一般社団法人逗子葉山青年会議所

Mission ~すべてはまちのため、未来のために~

http://zushi-hayamajc.jp/

<PR>

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク