逗子・葉山版 掲載号:2014年1月10日号
  • LINE
  • hatena

健やかな成長、矢に込め 御霊神社で「御奉射祭」

文化

2mほど離れた的を狙う男児
2mほど離れた的を狙う男児

 小学校入学前の子どもの健やかな成長を祈願して行われる「御奉射祭(おびしゃまつり)」が7日、長柄の御霊神社で行われた。主催は同社氏子会(本田明光会長)で新春恒例の行事。

 同祭は別名「御弓射祭」とも言われ、鎌倉時代に同社を創設したとされる弓の名手、長柄太郎義景にちなむ。長柄が典型的な鎌倉武士であったと伝えられることから、それにあやかろうと始まったもので、同氏子会によると県内でも珍しい取り組みという。

 今年的場に並んだのは8人の男児。子どもたちは宮司や氏子会役員らの手ほどきを受けながら弓に矢をつがえ、2mほど先に置かれた直径約30cmの的を狙った。

 たどたどしい手つきで始めのうちは失敗しながらも、うまく矢が的中すると男児らは「やった、当たったよ」と顔をほころばせ、神事を見守っていた保護者らからも拍手がおくられた。

 本田会長は神事のあいさつで「皆さんが元気で強い子になるようにお願いした。これから小学校に入って一生懸命勉強して、すくすくと元気に育ってほしい」と話した。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月14日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク