逗子・葉山版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

「石臼そば」店主、チョードリーさん 日本人顔負けの心意気

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena
「挽きたて、打ちたて、茹でたての『3たて』にこだわっています」と話すチョードリーさん
「挽きたて、打ちたて、茹でたての『3たて』にこだわっています」と話すチョードリーさん

母国離れ20年、「本当に好きだから」

 生まれ育った母国を離れ、和食の世界に身を置く青年が逗子にいる。JR逗子駅西口にほど近い「石臼そば」の店主、M・R・K・チョードリーさん(41)だ。故郷バングラデシュを離れて約20年。「地元の人を大切に、そばを堪能してもらいたい」と2度目に逗子で店を構えて3年になる。

 営業前日の午後10時過ぎ。専用の石臼器で翌日使う分のそば粉をひくことから仕事がはじまる。製粉した粉を使用する方が仕事は楽だが「いつ挽いたか分からないものは使いたくない」と手間暇を惜しまない。挽きたて、打ちたて、茹でたて。基本と言われる「3たて」を忠実に守ったそばは香り高く、長年足繁く通うファンも少なくない。大盛りは1・5人前が一般的だが「半分にするとそばが切れる」との理由から丸々2玉を使うなど「いかに美味しく食べてもらうか」に神経を費やす。

 そば職人の世界に入ったのは学生時代、留学で日本に訪れた際に口にしたのがきっかけ。スパイスを多く使った母国の料理とは違い、素材の味をシンプルに引き出す和食に興味を持った。「そばは美味しくて、健康にもいい」。その後アルバイトで店を渡り歩き、卒業と同時に本格的に修行を開始。およそ2年間、老舗店でいろはを学んだ。

 初めて逗子で店を開いてほどなく、経営が軌道にのり、関内でも出店。昼時には会社員らが行列を作る人気店にまでなったが、東日本大震災で店の入ったビルが耐震に問題にあることが分かり、逗子で再スタートを切ることにした。

 人気とはいえ、店には「外国人が打つそば」というイメージが付きまとう。中には先入観からチョードリーさんを見るなり店を出てしまう客もいる。始めはそれが辛かったが今はこう考えるようにしている。「応援してくれる人たちがその何十倍もいる。その人たちのために、頑張ろう」。苦労はあってもこの道を選んだことを後悔したことはない。「本当に好きなことだから。信じて、やっていくだけ」。言葉に迷いはなかった。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

笑顔トレーニング県から認定

医療法人メディスタイル

笑顔トレーニング県から認定 社会

2月21日号

まちの課題と展望一冊に

小坪小区住民協

まちの課題と展望一冊に 社会

新キャッチフレーズも誕生

2月21日号

神武寺から海を望む

神武寺から海を望む 文化

環境整備の参加募集

2月21日号

楽しみながら健康づくり

地域イベントの経験共有

地域イベントの経験共有 文化

16年の活動振り返る

2月21日号

逗子を愛した建築士

逗子を愛した建築士 文化

27日から永橋さん回顧展

2月21日号

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク