逗子・葉山版 掲載号:2014年7月25日号 エリアトップへ

「音楽ないとつまらない」若者「子連れには安心できる」家族 「規制の海」に賛否両論 静寂戻るも客足激減

社会

掲載号:2014年7月25日号

  • LINE
  • hatena
3連休初日も人出はまばらで閑散とする砂浜(=19日、逗子海岸)
3連休初日も人出はまばらで閑散とする砂浜(=19日、逗子海岸)

 関東地方で最も早い海開きからひと月が経過した逗子海岸。平井竜一市長が「日本一厳しい」と評する条例が今夏から施行され、海の様子は昨夏とがらりと変わった。音楽が禁止になった浜では静寂が戻った一方、厳しい規制が一因し、若者層を中心に客足が激減。観光客の中でも「規制の海」への賛否が分かれている。

 「去年とはまるで別の砂浜みたい。入墨の怖い人はいなくなったけど、ちょっとさびしい」。友人と訪れていた20代の女性はそう話す。三連休初日の逗子海岸。天候の影響もあるが、砂浜を行き交う若者はほとんどいない。

 市のまとめによれば、海開きから今月17日までの来場客数は昨年の2割以下。今夏もっとも人出が多かった「海の日」でも7千人で、昨夏同時期に多かった日と比べ半分以下に大幅減した。「家族連れが目立つようになり、外国人の姿がほとんど見られなくなった」と監視所スタッフのひとりは話す。

 近年の逗子海岸は一部海の家が「クラブ化」し、客のマナー悪化や風紀の乱れが問題化。昨夏は殺傷事件も発生し「家族連れが安心して楽しめる海を取り戻す」(平井市長)として、今夏は条例改正による規制に乗り出した。条例では罰則規定は設けられていないが、砂浜での飲酒や入墨の露出、音楽を禁止し、海の家の営業時間も昨年より2時間早い午後6時30分までとした。市関係者は今年の海について「風紀や治安に関する苦情は今のところほとんどない。条例による成果が大きいのでは」とみる。

 ただ観光客の中では海のあり方に賛否が分かれる。子どもと訪れていた逗子在住の30代男性は「去年までは足を運ぶのをためらったが今年は安心して遊べる。子連れには今の方が良い」、カップルで訪れた20代男性は「治安回復はいいことだと思うが、正直盛り上がりに欠ける。音楽くらいは許してほしい」と話した。

 一方、こうした規制の影響を直撃しているのが海の家だ。約40店舗でつくる逗子海岸営業協同組合は今月末まで市の条例に沿う方針を固めたが、ある海の家経営者によれば売上は前年比1割程度。「客足が遠のいていることに加え、家族連れはあまりお金を使ってくれない。赤字で潰れる店も出てくるのではないか」と焦りをにじませた。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

子どもの多様性学ぶ

子どもの多様性学ぶ 教育

自立支援専門家が講演

9月24日号

ウィーンゆかりの名曲披露

ウィーンゆかりの名曲披露 文化

東誠三さんコンサート

9月24日号

とっておきの1枚寄せて

逗子市

とっておきの1枚寄せて 社会

入賞作品はカレンダーに

9月24日号

逗子プロレス延期に

逗子プロレス延期に スポーツ

来年3月、逗子アリーナで

9月24日号

一人で悩まず相談を

一人で悩まず相談を 社会

鎌倉保健所が女性相談

9月24日号

ポリオ根絶へ

国際RC2780地区

ポリオ根絶へ 社会

年末まで集中啓発実施

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook