逗子・葉山版 掲載号:2014年11月7日号 エリアトップへ

新署長の横顔 Vol.2 犯罪起きにくい地域環境に 逗子警察署長 市川弘幸さん(52)

社会

掲載号:2014年11月7日号

  • LINE
  • hatena
「防犯対策に疑問を感じることがあれば改善を呼びかけたい」と市川署長(=先月29日、逗子署)
「防犯対策に疑問を感じることがあれば改善を呼びかけたい」と市川署長(=先月29日、逗子署)

 前任の県警本部警務課監察室を経て、9月5日付で逗子署長に着任した。

 現在52歳と県下署長の中では最年少ながら、これまで県警生活安全対策室などで手腕を奮ってきた、いわば防犯分野のエキスパートだ。2003年、警察官としては全国で初めて社団法人「日本防犯設備協会」が認定する「総合防犯設備士」の資格を取得。当時集合住宅の狭隘場所で犯罪が相次いでいたことから、犯罪の温床となる死角を防ぐためにはどうすればいいか、建設業者やマンションの管理組合に足を運び、防犯設備の設置場所や方法などを指導して回った。そうした経験上、暗がりや見通しの悪い場所には否応なしに目がつく。「地域をまわって防犯に疑問を感じたら、積極的に改善を働きかけたい。犯罪が起きにくい環境をつくることが治安に繋がる」

 高齢化率が県下2番目の逗子市。課題面では高齢者を狙った振り込め詐欺をあげる。「『会社の鞄をなくした』『交際相手を妊娠させた』と聞くと高齢の人は身内の恥と感じて応じてしまいがち。電話でお金の話をされたら詐欺だと思って」と注意を呼びかけた。

 長野県出身。警察学校卒業後にボクシングジムに所属し、プロボクサーを目指していたことがある。家族は妻、長男、長女と愛犬。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

子どもの多様性学ぶ

子どもの多様性学ぶ 教育

自立支援専門家が講演

9月24日号

ウィーンゆかりの名曲披露

ウィーンゆかりの名曲披露 文化

東誠三さんコンサート

9月24日号

とっておきの1枚寄せて

逗子市

とっておきの1枚寄せて 社会

入賞作品はカレンダーに

9月24日号

逗子プロレス延期に

逗子プロレス延期に スポーツ

来年3月、逗子アリーナで

9月24日号

一人で悩まず相談を

一人で悩まず相談を 社会

鎌倉保健所が女性相談

9月24日号

ポリオ根絶へ

国際RC2780地区

ポリオ根絶へ 社会

年末まで集中啓発実施

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook