逗子・葉山版 掲載号:2017年1月13日号 エリアトップへ

元逗子市長長島一由氏 横浜市長選に出馬表明 反カジノ掲げ「民意問う」

政治

掲載号:2017年1月13日号

  • LINE
  • hatena
長島一由氏
長島一由氏

 元逗子市長の長島一由氏(49)が今年8月の横浜市長選に無所属で出馬する意向を明らかにした。昨年末、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法が成立したことを受け、誘致の候補地にあげられる横浜で「反カジノ」の立場から民意を問うとしている。同市長選に出馬表明したのは、長島氏が初めて。

   *  *  *

 5日、本紙の単独取材に応じた。横浜市は現状、IR誘致の立候補を正式に表明はしていないものの、現職の林文子市長は財政基盤の強化や都市臨海部の活性化に「有効な手段」との見解を示している。

 長島氏はカジノ誘致に反対する主な理由として【1】61億円とされる経済効果の不透明性【2】ギャンブル依存症患者増加への懸念【3】歴史や文化のある横浜の地域振興策として不適切―をあげている。「アジアでは経済振興に結び付いていない実例がある。またギャンブルによる借金が原因で生活保護に陥るリスクを考えれば、市民生活を支える行政が推進すべきことではない」と主張。市長選は市民がカジノ誘致の是非を選択する機会と位置付け、「民意を結集し、イエスかノーかを明らかにしたい」と述べた。

 同市長選への出馬については「逗子市民からもカジノ反対を後押しする声をいただいている」と説明。自治体運営と国会議員を務めた実績が自身の強みとし、中学校給食導入や入札改革、災害時の初動体制強化などにも意欲を示している。「横浜市は最大の基礎自治体であり、強い発信力がある。これまでの経験をもとに横浜から新たな行政運営のモデルを作りたい」と語った。

 長島氏はフジテレビ報道記者などを経て1998年、逗子市長に初当選。当時31歳で全国最年少の首長として注目を集め、3期8年を務めた。2009年には衆院選に神奈川4区で初当選し、1期4年を務めた。近年は雑誌編集者や映画監督としても活動している。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

「五輪契機に英語話そう」

町在住大山さん

「五輪契機に英語話そう」 教育

オリジナル教本 町に寄贈

8月23日号

保育士確保、待ったなし

逗子市

保育士確保、待ったなし 教育

市役所で説明会初開催

8月23日号

ホテル含む複合施設に

アサヒビール研修施設

ホテル含む複合施設に 経済

有料老人ホームも開業予定

8月9日号

初の全国大会で快挙

逗子開成高校演劇部

初の全国大会で快挙 教育

2100校の頂点に

8月9日号

今年は英国代表チーム応援

サマーフェスタ

今年は英国代表チーム応援 文化

限定グッズも登場

7月26日号

シェアサイクルの運用開始

逗子市

シェアサイクルの運用開始 経済

今年12月まで実証実験

7月26日号

日本初「脱プラ」ビーチに

森戸海岸

日本初「脱プラ」ビーチに 社会

海の家で代替品使用

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク