逗子・葉山版 掲載号:2017年3月24日号 エリアトップへ

彫刻家、岩田さん制作 東逗子駅前に少年像 鎌倉から移設「絆の象徴に」

文化

掲載号:2017年3月24日号

  • LINE
  • hatena
東逗子駅前に移設された少年像と岩田夫妻(=19日、沼間)
東逗子駅前に移設された少年像と岩田夫妻(=19日、沼間)

 鎌倉駅東口に設置され、長年シンボルとして親しまれた少年像がこのほど、東逗子駅前のロータリーに移設された。19日に行われた除幕式では、制作した彫刻家の岩田実さん(68)=鎌倉市今泉台=や関係者ら約80人が出席。作品の新たな門出を祝った。

 「友情」と題された少年像は高さ約1m65cm、幅約1m。3t近くある白御影石を切り出した大作で、少年2人がボール遊びの合間に仲良く肩を組む様子が描かれている。

 作品はJR東日本に寄贈されたもので、2003年10月に鎌倉駅東口改札に設置。その後は同駅ビル内の一角に移設され、13年間駅利用客らに親しまれてきたが、同駅とビルの改装工事が行われるにあたり、JRが所有する同所への移設が決まった。

 この日の式典では、岩田さんの妻で少年像を設置する会代表の敬子さんが「素晴らしい場所に設置していただけることに感謝したい」とあいさつ。その後、沼間小学校の児童らも加わりながら除幕した。実さんは「少年像が今後、逗子市民や駅を利用する人々にとって元気や生きる喜び、絆をもたらす象徴になっていけば作家としてこの上ない喜びだ」と話した。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

元気と生きがい地域に

元気と生きがい地域に 社会

有志団体がNPO法人化

4月30日号

弦楽合奏を堪能

弦楽合奏を堪能 文化

小泉ひろしさんが指揮

4月30日号

学生繋がる機会に

学生繋がる機会に 文化

団体の活動ウェブで紹介

4月30日号

展示スペースを一新

展示スペースを一新 文化

葉山まちづくり館

4月30日号

話題の場所に記者潜入

話題の場所に記者潜入 社会

レアな情報サイト

4月30日号

県内SDGs事例を冊子に

県内SDGs事例を冊子に 経済

中小企業の15事例掲載

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter