逗子・葉山版 掲載号:2018年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

野外保育の実践語る 葉山「もりのわ」がシンポ

教育

森戸川で遊ぶ子ども達
森戸川で遊ぶ子ども達
 葉山町の自然の中で園舎を持たずに親との共同保育を行っている「森のようちえん 葉山 もりのわ」(石井由樹子代表=人物風土記で紹介)が設立5周年を記念して「野外保育シンポジウム〜子どもと自然〜」を3月30日(金)、開催する。場所は葉山町福祉文化会館(堀内2220)で午後1時30分から4時30分まで。

 藤沢市と鎌倉市、横浜市で野外保育を行なっている3団体の代表者がパネリストとして登壇し、これまでの経験やより良い保育などについて意見を交わす。石井さんは「長年実践してきたからこその話が聞ける機会。ぜひ多くの人に来場してほしい」と話している。

 入場料大人500円で小学生以下300円(当日受付は大人700円、小学生以下400円)。

 申し込みや問い合わせは【メール】morinowa@excite.co.jpまたは【電話】046・875・0150坂本さんへ。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自然愛でるこころ堪能

山口蓬春記念館

自然愛でるこころ堪能

コレクションから展示も

6月16日~9月24日

逗子・葉山版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月8日号

お問い合わせ

外部リンク