逗子・葉山版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

逗子アートフェスティバル 市民主導で企画・開催へ 行政に頼らない仕組み作る

文化

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena
今月7日に開かれたミーティング
今月7日に開かれたミーティング

 逗子市の財政難による補助金のカットで

開催が危ぶまれていた逗子アートフェスティバルが10月の開催を目指して市民主導で準備が進められている。有志たちは行政に頼らない新たなモデルを構築しようと、アイデアを出し合っている。

 2013年から始まった逗子アートフェスティバル。昨年はトリエンナーレとしてのべ7万人を動員し、秋の逗子を代表するイベントとして定着していた。

 今年は市の財政難による予算凍結で開催が一旦白紙に。しかし、3月に開かれた市民有志によるミーティングで開催を決め、「逗子アートネットワーク」を発足。準備を進めている。

「先行事例に」

 「人口減少が進めば、同じ状況になる可能性は全国の自治体にもある」と語るのは前回の総合プロデューサーで、ネットワーク発起人でもある柴田雄一郎さん。行政に頼るのではなく、市民が自ら資金を生み出し、それが地域でまわる循環型コミュニティのモデルケースになりうるとも語る。今回の運営資金はクラウドファンディングなどを使って市内外から調達する予定だ。

 今月8日に開かれた定例ミーティングには約40人が参加。企画や広報、警備など所属するグループに分かれ、話し合いを行っていた。

 例年では既に企画は確定し、広報に力を入れている時期。メンバーたちには焦りも見えるが柴田さんは「逗子のこれからを考えていくうえでも大切な取り組み。より多くの人に参加して頂ければ」と話している。

 同フェスティバルは10月12日(金)から28日(日)まで、亀岡八幡宮や商店街、池子の森自然公園など各所で開催される。国内外の芸術祭で活躍する現代アート作家から地元で活動するアーティストまで、約80組が展示する。

 詳細や最新情報はホームページ【URL】http://zushi-art.com/へ。

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。毎月第2・第4土曜・日曜は特売日

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

逗子・葉山版のトップニュース最新6

10施設で再生エネ導入

逗子市

10施設で再生エネ導入 経済

脱炭素社会へ本腰

4月16日号

「総合型クラブ」設立へ

葉山町体育協会

「総合型クラブ」設立へ スポーツ

体制強化へ法人化も視野

4月16日号

開設前提でルール作り

逗子海水浴場

開設前提でルール作り 社会

違反者へ「退場願い」も検討

4月2日号

「気候非常事態宣言」を表明

葉山町

「気候非常事態宣言」を表明 社会

脱炭素社会実現へ指針

4月2日号

那須町と友好都市に

葉山町

那須町と友好都市に 社会

「御用邸のまち」で連携

3月19日号

崖地対策で専門家と連携

逗子市

崖地対策で専門家と連携 社会

市民からの相談体制を確立

3月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter