逗子・葉山版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

意見広告 「このままではいけない」 未来ある逗子へ ピンチをチャンスに

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena

 逗子市の未来について危機感を覚えているのは私だけでしょうか?

 全国的な知名度を誇るこの街にも人口減少の波は容赦なく押し寄せています。国の試算では2020年に5万5734人のところ30年には5万1349人に。その後も減少傾向は続き、生産年齢人口も25年には3万人を切ります。つい先日には、逗子高校と逗葉高校が統合するという発表もありました。

 海や山があり、こじんまりとした雰囲気が魅力な反面、工場や大企業がないこの街にとって、人口減少は税収に直結する大きな課題なのです。

また危機は起きる?

 そんななか発生した財政危機。市は国からの交付金が急に減ったことを主な理由に挙げていますが、本当にそれだけでしょうか。会社を経営している経験から申し上げると、事業がうまくいかない時には、会計上に「シグナル」があります。それは必ずしも一つではなく、いくつかの要因が複合的に作用して起きていることもあります。これを読み解くのが経営者の仕事なのです。

 今回の財政危機の前にも必ず「シグナル」があったはずですが、それは見落とされました。急いで貯金を増やして「危機は脱した」と言ったところで、またいつ同じ危機が来るかわかりません。

求められる感覚

 私は1992年に(株)キリガヤの代表取締役に就任して以来、時代のニーズに合わせて材木店から住宅建設業等へと業態の転換を図りました。柔軟な発想力と行動力がいかに大事かを痛感しています。今、逗子市に求められているのは健全な経営をする能力です。「ピンチをチャンスに」。逗子市に対する皆さんのご意見を聞かせてください。

桐ケ谷さとる事務所

逗子市逗子5-3-36

TEL:046-870-1400

https://kirigayasatoru.net

逗子・葉山版の意見広告・議会報告最新6

持続可能なまち・逗子葉山へ

〜新春寄稿〜 神奈川県議会議員 近藤だいすけ

持続可能なまち・逗子葉山へ

1月1日号

「働きながら暮らす」ができるオンリー逗子へ

桐ケ谷さとると若手起業家が対談

「働きながら暮らす」ができるオンリー逗子へ

11月30日号

財政危機は脱していない

桐ケ谷さとるの提言 意見広告

財政危機は脱していない

体質変わらず 市民サービスにしわ寄せ

11月16日号

税収増への取組み必須

桐ケ谷さとるの提言 意見広告

税収増への取組み必須

企業誘致と起業・女性の就業支援を

11月2日号

逗子をリノベーション!

意見広告

逗子をリノベーション!

立憲民主党 中西なおみ

3月9日号

愛する逗子葉山の未来のために

〜新春寄稿〜 神奈川県議会議員 近藤だいすけ

愛する逗子葉山の未来のために

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク