逗子・葉山版 掲載号:2018年11月16日号 エリアトップへ

棚田の魅力全国に発信 「葉山アイス」が工房作り

文化

掲載号:2018年11月16日号

  • LINE
  • hatena
棚田を前にアイスを手にする山口さん(提供写真)
棚田を前にアイスを手にする山口さん(提供写真)

 葉山町上山口にある棚田で収穫された米を使ってアイスを製造・販売している「ちゃぶがえ」(山口冴希代表)が、生産拠点となる工房の開設を目指してクラウドファンディングを行っている。生産量が少ない棚田の米をアイスにすることで、その魅力を多くの人に伝えたい考えだ。

 「葉山アイス」は葉山ステーションなど逗子葉山エリアを中心に販売中で、町のふるさと納税返礼品にも選ばれている。砂糖は極力抑え、地元で収穫した米で作った甘酒や豆乳、ココナッツミルク由来の優しい甘さが好評だ。

より多く作りたい

 2015年、葉山の自然に魅せられ家族と移住してきた山口さん。友人から誘われ、上山口の棚田で米作りに携わったことが転機になった。

 豊かな生態系や景色、人と人を繋ぐ共同作業など、生産性だけでは測れない棚田のすばらしさとともに全国で衰退する棚田の現状を知ったという。

 現在、上山口の棚田は約60枚。「例えば10キロのお米ができても、5キロに分けたら2人しか楽しめない。アイスにすれば1千個になるので、より多くの人に棚田のことを知ってもらい、感じてもらえると考えた」。レシピは試行錯誤しながら考案。現在は茅ヶ崎のアイス製造会社に委託生産をしている。

 各地の棚田を訪れ、知り合いも増えるうちに、「全国の棚田と人を繋ぐアイスを作りたい」と思うように。そのための一歩として現在より生産量を増やすために専用の冷蔵庫や機器を揃えた「アイス工房」の設置を目指し、インターネット上で資金を募るクラウドファンディングを11月1日にスタートした。地元だけでなく、全国各地から応援があり、6日目で目標の200万円を達成。「うれしいと同時に驚き。より多くの人に取り組みを知ってもらえたら」と現在はリターン品をより充実させ、目標額を400万円に設定している。12月29日(土)まで。

 詳細は【URL】https://camp-fire.jp/projects/view/102910、また「ちゃぶがえ」で検索を。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

2年ぶり開設も対応苦慮

逗子海岸海水浴場

2年ぶり開設も対応苦慮 社会

22日から酒類提供停止要請

7月23日号

粗大ごみの処分方法変更

葉山町

粗大ごみの処分方法変更 社会

8月から一律350円に

7月23日号

イノシシ対策に本腰

逗子市

イノシシ対策に本腰 社会

横須賀市と共同実施

7月9日号

2年ぶりに海水浴場開設

葉山町

2年ぶりに海水浴場開設 社会

ルールと感染症対策を策定

7月9日号

基礎疾患ある人らへ接種開始

逗子市葉山町

基礎疾患ある人らへ接種開始 社会

留学や海外赴任にも対応

6月25日号

民間との対話で情報収集

葉山町給食センター

民間との対話で情報収集 教育

サウンディング型市場調査へ

6月25日号

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter