逗子・葉山版 掲載号:2018年11月16日号 エリアトップへ

繋がりや仕事、生まれる場に 土曜だけオープン カフェ「アンドサタデー」

経済

掲載号:2018年11月16日号

  • LINE
  • hatena
オリジナルのカップを手にする庄司夫妻
オリジナルのカップを手にする庄司夫妻

 土曜日だけオープンするカフェが逗子にある。その名も「アンドサタデー 珈琲と編集と」。オーナーは市内在住で都内の会社に勤める庄司賢吾さん、真帆さん夫妻。新しい働き方の実践者としても注目を集める2人に話を聞いた。

 新逗子駅から葉山方面へ向かうと右手に見える「タパス酒場アル」(逗子市逗子6の5の9)。2人が「間借り」し、営業しているのがここだ。

 10人も入ればいっぱいになる店内には、オープンと同時に20代から子育て世代を中心に続々と人が集まってくる。ハンドドリップで丁寧に淹れたコーヒーや手作りスイーツはもちろん、庄司夫妻との会話や、客同士のコミュニケーションが目当てという人も多い。初めて会った人と気軽に語り合える。そんなアットホームなバーのような雰囲気が漂う。

働き方にも注目

 賢吾さんは編集者、真帆さんは飲食店のプロデュース業に携わっており、平日は都内の会社に勤めている。そんな2人が都内から逗子に移住してきたのは昨年2月。海近くでのゆったりした生活を求めてのことだった。もともと人が集まる場作りに興味があり、行きつけだった飲食店で「逗子には美味しいコーヒーを楽しめる場所が少ない。週末だけでもカフェをやれたら良いのに」と話していたところ、「やってみれば」とオーナーが背中を押してくれたという。

 その後はとんとん拍子で話が進み、逗子に来てから5カ月目に初めて営業。ファンを増やし、今年9月から現在の場所に移った。「移住した当初は知り合いがいなかったけど、今ではたくさん友達ができた。逗子での暮らしが断然楽しくなりました」と語る真帆さん。ここでの出会いをきっかけに店内でコンサートを開いたり、イベントの企画やビジネスの種が生まれている。

 このユニークなコンセプトや働き方は注目を集め、都内や台湾のイベントに出店するなど活躍の場を広げている。「アンドサタデーはライフワーク。近い将来、自分たちの店を持ち、より逗子が面白くなるような“場”を作りたい」と賢吾さんは充実した表情で話した。

マルシェ出店

 「アンドサタデー」は11月18日(日)、逗子海岸ロードオアシスで開かれる「うみ・そらマルシェ」に出店する。豊かな逗子暮らしを体感してもらおうと、市観光協会が主催するこの催し。市内で起業したベーカリーなど14店が出店する。午前11時から午後3時まで。イベントに関する問い合わせは同協会【電話】046・873・1111へ。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

学生が集う場所に

学生が集う場所に 社会

関東学院大生が空き家改修

7月12日号

三崎×都心の2拠点生活

三崎×都心の2拠点生活 社会

元呉服屋をリノベーション

7月12日号

2家族で一軒家をシェア

2家族で一軒家をシェア 社会

新しい子育てのかたち

7月12日号

「できたての風味 味わって」

とちぎや

「できたての風味 味わって」 教育

汲み出し豆腐を特別提供

7月12日号

葉山小で児童と交流

英国セーリングチーム

葉山小で児童と交流 教育

努力の大切さ伝授

7月12日号

「こどもレストラン」大盛況

「こどもレストラン」大盛況 教育

料理や接客、会計も学ぶ

7月12日号

手づくりの魅力感じて

手づくりの魅力感じて 社会

約250点の作品展

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク