逗子・葉山版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

逗子市 パートナーシップ制度導入へ 来年4月向け検討進める

社会

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena

 逗子市は来年4月をめどに、LGBTなど性的少数者のカップルを公的に認める「パートナーシップ制度」を導入する方針を明らかにした。先月25日に開かれた市議会第3回定例会で、中西直美議員(立憲クラブ)の質問に市が答えた。市内で活動する当事者団体は「動き出したことはとても嬉しい。制度設計にあたり、自分たちの声を届けていきたい」と話している。

 パートナーシップ制度は、2015年、東京都渋谷区が全国で初めて導入。今年9月までに24自治体が施行し、神奈川県内では4月、小田原市と横須賀市でスタートした。現在、横浜市や鎌倉市なども、導入に向けた検討を進めている。

 逗子市では昨年9月、性的マイノリティーが働きやすく、暮らしやすくなるよう市内で活動している団体「レインボー逗子」が、市に制度導入に向けた陳情を提出。市議会総務常任委員会で賛成多数で了承された。また、今年1月に開かれた市議会臨時会で桐ケ谷覚市長は、導入に前向きな姿勢を示していた。

 今後、ずし男女協働参画プラン推進会議で検討が進められ、12月にはパブリックコメントを募集。市民からの意見を広く取り入れながら、最終案を策定し、来年4月からの制度開始を目指す。市民協働部は「事実婚カップルも対象に含めるかもあわせて、検討していく」としている。

当事者の声届ける

 レインボー逗子は、今回の方針決定に対し、「動き出したことは素直に嬉しい」と評価。「他の自治体に住む友人は、地元に制度が導入されたことでカミングアウト以来、音信不通だった親御さんから『認められてよかったね』と連絡があったと聞いた。公的に認められることで、中高年の理解も深まる」

 しかし、同制度をめぐっては市営住宅への入居の可否や、手続き費用の有無のほか、片方のパートナーが遠方にいても認められるのか、更新が必要かなど、その内容や要件は各自治体によって大きく異なる。

 「実際に使いやすい制度でなければ意味がない。しっかりと当事者の声を届けていきたい」としている。制度の導入が決まっても、公的機関や学校、不動産、病院などの事業者が理解を深めることも不可欠。「市は制度を作るだけではなく、啓蒙活動などの施策をしてほしい。この制度をきっかけに、誰もが認められ、暮らしやすい街になったら」と話した。

本まぐろ直売所 秋の謝恩大特売

10月11日~14日まで「まぐろの日」にちなんだ限定商品を大放出!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

湘南鎌倉後見センターやすらぎ

成年後見ボランティア講座を10/19・29、鎌倉婦人子供会館で開催

http://kohken-yasuragi.com/

<PR>

逗子・葉山版のトップニュース最新6

阪神から6位指名

逗子市出身小川選手

阪神から6位指名 スポーツ

「早く一軍で活躍したい」

11月15日号

歴史紡ぐ憩いの場完成

葉山町

歴史紡ぐ憩いの場完成 社会

南郷上ノ山公園に「梓亭(あずさてい)」

11月15日号

新ビジネス拠点設立

逗子市

新ビジネス拠点設立 経済

補助金申請などサポート

11月1日号

事前説明会に2陣営

葉山町長選

事前説明会に2陣営 政治

市民団体が擁立模索

11月1日号

失語症会話カフェ誕生

失語症会話カフェ誕生 社会

町在住当事者夫妻が立ち上げ

10月18日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク