逗子・葉山版 掲載号:2022年1月7日号 エリアトップへ

植物との暮らし後世に (一社)はっぷが書籍刊行

文化

掲載号:2022年1月7日号

  • LINE
  • hatena
完成した書籍を持つ大橋さん
完成した書籍を持つ大橋さん

 葉山に自生する植物と、それにまつわる人々の営みをまとめた『葉山和ハーブ手帖』を先月、(一社)はっぷが刊行した。季節ごとの手仕事や植物図鑑を収録し、実用性も高い1冊に。関係者は「多くの人に読んでいただけたら」と呼び掛けている。

 「はっぷ」は葉山町を拠点に、町の一般介護予防事業や認知症フレンドリーな街づくり、リハビリ病院等での園芸療法など行っている団体。「庭仕事や季節の手仕事を幅広い世代と一緒に行いながら、元気に動ける心と体を支えていく」をテーマに活動している。

 代表を務めるのは町在住の大橋マキさん。イギリスで植物療法を学び、都内の病院で6年半に渡ってアロマセラピストとして活動。葉山町社会福祉協議会主催の「介護者のためのアロマセラピー講座」を担当し、2018年に団体を立ち上げた。

 活動するなかで、地域の高齢者から生活の知恵や郷土・生活史にまつわる様々な話を聞くように。「おもしろくてたまらなかった。しっかりと記録に残し、後世に伝えたい」と3年前から執筆の準備を始め、コロナ禍での中断を経て去年から本格的に取材を開始。かつての暮らしぶりを知る「古老賢者」たちに話を聞き、時には文通もして記事をまとめた。

 本書では町で古くから活用されてきた植物を「和ハーブ」と名付け、その特徴や生活との関わりを紹介。梅干しやたくわん作り、行事や子どもたちの遊びなどを通して、植物と人との関わりをあたたかなイラストとともに紹介している。「和ハーブ図鑑」も収録し、その特徴を記したほか、地元にまつわるエピソードを盛り込んだ。

 「年配の方から懐かしいと連絡をいただいたり、子育て世代は勉強になったと感想をくれるなど、たくさんの反応をいただいていて嬉しい」と語る大橋さん。ページ数の制約もあり、1年かけて取材した半分ほどしか載せられなかったという。「今後はホームページを中心に発信していきたい。伝えるということを通じて、これまでずっと親しんできた植物の保護や、食文化の継承に繋がったら」としている。

 書籍は文教堂書店葉山店のほか、スズキヤ(逗子駅前店・葉山店)、葉山ステーション、町立図書館2階の葉山まちづくり館などで販売中(税込1430円)。

 詳細は同団体ホームページ【URL】https://www.happ.life/

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月5日~15日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

逗子・葉山版のトップニュース最新6

地域医療シンポ開催

逗子市

地域医療シンポ開催 社会

専門家が現状と展望解説

8月5日号

ブロンズ模型設置に挑戦

葉山在住大下さん

ブロンズ模型設置に挑戦 社会

文化財題材「誰もが触れて楽しめる」

8月5日号

「新逗子駅前」と統合

逗子駅前交番

「新逗子駅前」と統合 社会

駅ビル完成後に「復活」予定

7月22日号

中学校給食の業者決定

葉山町

中学校給食の業者決定 教育

来年4月に提供開始

7月22日号

“青旗”掲げ海開き

逗子海岸

“青旗”掲げ海開き 経済

持続可能な発展目指す

7月8日号

米国で手術し無事退院

葉山のきかちゃん

米国で手術し無事退院 社会

心臓移植は成功 帰国の途へ

7月8日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook