逗子・葉山版 掲載号:2022年5月13日号 エリアトップへ

逗子在住畠山さん かつての国境 漕いで渡る 沖縄返還50年記念レース出場

スポーツ

掲載号:2022年5月13日号

  • LINE
  • hatena
愛艇とともに活躍を誓う畠山さん
愛艇とともに活躍を誓う畠山さん

 沖縄返還50周年を記念した国内最難関のSUP(スタンド・アップ・パドルボード)レースに逗子市在住の畠山洋介さんが出場する。かつての国境を人力で渡るレースを前に、「競技や歴史を多くの人に知ってもらえたら」と意気込んでいる。

 O2Y(沖縄復帰50周年Okinawa to Yoron外洋縦断パドルレース)は、国内初となる人力で海峡を渡るレースで、沖縄から30Km先の与論島を目指す。毎年6月末に「カーチーバイ」と呼ばれる夏至南風が吹くタイミングで行われるため、6月29日(水)から7月3日(日)までの気象条件が整った日に開催される。かつて、国境だった北緯27度線を己の力を信じて漕ぎ進む過酷なレースは「沖縄と世界を美しい海で繋ぐ」という願いが込められているという。

 事前審査もある国内最難関レースに出場するのが逗子市在住で、SUPインストラクターの畠山洋介さん(52)。昨年、「プレ大会」という位置づけで開催された前回レースに最年長で出場し、3時間17分で見事完走した。

 近年、手軽なマリンスポーツとして普及が進むSUPだが、基本的には湾内や湖など、風や波の影響の少ない場所で楽しまれている。レースのコースは文字通り外洋で、ポイントとなるのが波に乗ることだという。「カーチーバイによって立つ波やうねりをうまく乗り継いでいく技術が重要」。強靭な足腰やバランス感覚、スタミナを養うためトレーニングを重ねた。

 自分の能力と刻一刻と変化する自然状況。あらゆる想定をしながら海上を進むため、「人間として生き抜く力」が試される。「目の前を大きなサメが横切っても動じないメンタルが必要で、暑さに対応するのも課題。まずは無事に完走することを目指したい。挑戦する姿を通じて沖縄の歴史やSUPについて多くの人に興味を持っていただけたら」と畠山さんは笑顔で話した。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

かつての国境 漕いで渡る

逗子在住畠山さん

かつての国境 漕いで渡る スポーツ

沖縄返還50年記念レース出場

5月13日号

町村部門で日本一

広報葉山

町村部門で日本一 社会

10年越しに目標達成

5月13日号

求む!葉山写した8mmフィルム

求む!葉山写した8mmフィルム 文化

秋の上映目指し活動開始

4月29日号

エコのたすき 次世代引き継ぐ

エコのたすき 次世代引き継ぐ 社会

ずしグリーンライフフェス開催

4月29日号

中学校給食の業者選定へ

葉山町

中学校給食の業者選定へ 教育

来年4月から提供開始

4月15日号

発展の礎 後世に伝える

東逗子駅

発展の礎 後世に伝える 社会

開業70周年事業が始動

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook