藤沢版 掲載号:2022年3月4日号 エリアトップへ

進化への挑戦 【3】 研究と経営”二刀流”で新境地 セルプロジャパン株式会社

社会

掲載号:2022年3月4日号

  • LINE
  • hatena
※撮影時のみマスクをはずしております
※撮影時のみマスクをはずしております

 コロナ禍で化粧品需要が落ち込む一方、日々のスキンケアへの関心が高まっている。そこに着目したのが、バイオベンチャー企業「セルプロジャパン(株)」。再生医療、幹細胞研究をけん引する同社は、そのノウハウを美容分野でも生かし、研究と経営の”二刀流”で未来を切り開く。

 同社の佐俣文平代表取締役(36)。京都大学のiPS細胞研究所の神経再生研究分野の研究員として、パーキンソン病の研究に携わる、再生医療、幹細胞研究のトップランナーの1人だ。

 けがや病気、老化などによって損なわれた細胞の再生のため、分化の源となる「幹細胞」。その幹細胞を培養する過程で採取される上澄み液を「培養上清液」といい、たんぱく質の一種であるサイトカインや成長因子が数十から数百種類も含まれるため、多岐にわたる治療効果が期待できるとして、業界で注目を集めている。

 ヒト幹細胞由来培養上清液は、その再生力が、シワやたるみの改善や保湿効果があると支持される。近年はコスメ市場で順調に拡大しており、参入する企業も複数あるという。

 幹細胞の治療効果を最大限に発揮させるため、「栄養効果」に着目し、ヒト由来幹細胞の機能評価や細胞培養方法の検証を行う同社。研究と経営の両立のため、打ち出したのが「凍結乾燥したヒト幹細胞由来培養上清液の化粧品メーカーへの販売」だ。

 同社は市場に参入し、かつ他社との差別化を図るため、企業理念にも掲げる安全・安心の高品質を徹底。日本人ドナーにこだわり、国内での製造管理を徹底させ、安全性を担保した高品質な培養上清液を販売する。さらに、化粧品メーカーがアレンジしやすいよう同細胞を「凍結乾燥」。流通の拡大を図るとともに仕様の調整を行うことで、メーカーや消費者の希望に応えていく。

 「美容分野への拡大は、視野が広がり、研究との相乗効果も期待できる」と佐俣社長。「コロナはある意味、挑戦を後押ししてくれたのかもしれない」と話した。

〈連載終わり〉

藤沢版のローカルニュース最新6

DEEP湘南初開催

DEEP湘南初開催 スポーツ

森興二選手ら熱戦

5月27日号

藤沢出身、2選手が躍進

藤沢出身、2選手が躍進 スポーツ

県総体陸上競技

5月27日号

高齢者向け賃貸住宅を公開

高齢者向け賃貸住宅を公開 社会

28日・29日 試食付き見学会

5月27日号

「市民の憩いの場に」

グリーンLC

「市民の憩いの場に」 社会

新たな公園に記念植樹

5月27日号

「横断歩道は手をあげて」

「横断歩道は手をあげて」 教育

三共自校で交通安全教室

5月27日号

3年ぶりに再開

湘南国際マラソン

3年ぶりに再開 スポーツ

エントリーは6月上旬

5月27日号

ユーミーらいふ藤沢店

湘南の賃貸取扱件数No.1 湘南エリアで賃貸物件をお探しならユーミーネットへ

https://www.shonanchintai.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook