神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2024年6月28日 エリアトップへ

藤沢シニア 22年ぶり全国大会へ  敗者復活戦から切符獲得

スポーツ

公開:2024年6月28日

  • X
  • LINE
  • hatena
公式ユニフォームに身を包んだ藤沢リトルシニアの選手たち
公式ユニフォームに身を包んだ藤沢リトルシニアの選手たち

 中学生硬式野球チーム「藤沢リトルシニア」(芝崎晴男会長)が、7月末に開幕する第52回日本選手権大会へ出場することが決定した。16日、関東連盟夏季大会で敗者復活戦を延長8回タイブレークの末に制し、22年ぶり2度目となる全国大会への出場切符をつかんだ。「目指すは優勝」と意気込む選手たちは練習に一層励んでいる。

 5月12日から始まった夏季大会には、関東連盟に加盟する1都8県の205チームが参加。保土ヶ谷球場などを会場にトーナメント方式による熱戦を展開した。

 藤沢は、新座東との1回戦を4対2で下したのを皮切りに4試合を勝ち抜き、ベスト16入り。東京日野と対戦した5回戦はシーソーゲームとなり、5対5で7回が終了。1死満塁から攻撃するタイブレークによる延長戦に突入した。後攻の藤沢は8回に5点を奪われ、反撃は1点にとどまり、ベスト8を逃した。

 6月16日、敗者復活戦で横浜泉と対戦。1対1の同点となり、藤沢が均衡を破ったのは、延長8回だった。2・3番打者がセーフティースクイズを連続で成功させると、4番が右前打で2点追加。続く中前打で計5点をあげた。相手打線を無失点で打ち取り、6対1で勝利。日本選手権に出場できる関東代表12チーム内に入った。

藤沢の名全国に

 「うれしいよりもほっとした」。延長戦でスクイズを決めた檜物(ひもの)大(だい)キャプテン(茅ヶ崎市立松林中学校3年)は復活戦での勝利の瞬間をそう振り返る。3年生にとっては全国大会につながる最後の大会を前に「自分たちがやってきたことを信じて成果を出し切ろう」とチームで話し合った。

 日本選手権出場は、第30回記念大会以来22年ぶり。推薦枠で選ばれたこのときの成績は2回戦進出。檜物キャプテンは「関東大会に出場した2学年上の先輩から『藤沢の名を全国にとどろかせてほしい』と託された。これを実現したい」と意気込みを語る。

 大会は7月31日に明治神宮球場で開会式、8月1日から5日にかけて海老名球場などで試合が行われる。全国32チームが出場し、日本一を競う。

 小澤恒彦監督は「夏季大会では一戦一戦、技術面だけでなく精神的にも成長した」と選手らを称え、「努力できる人間となって自分の人生を切り拓いていってほしい」と期待を寄せる。

 チームは1977年創部。藤沢市や茅ヶ崎市、海老名市などから選手44人が集まり、獺郷にあるグラウンドを拠点に汗を流している。

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰現地販売会開催 

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202308/57162.html

<PR>

藤沢版のトップニュース最新6

搬送数昨年比7件増

熱中症

搬送数昨年比7件増

暑さ避け水分補給を

7月12日

踏切道廃止で安全確保へ

藤沢本町駅周辺整備

踏切道廃止で安全確保へ

市が8年後の完成目指す

7月12日

官民協働 未来のまちへ

湘南大庭地区

官民協働 未来のまちへ

活性化指針、素案まとまる

7月5日

ファン支援で“ホピ子”復活

ファン支援で“ホピ子”復活

葛原から再びレースの頂へ

7月5日

22年ぶり全国大会へ

藤沢シニア

22年ぶり全国大会へ

 敗者復活戦から切符獲得

6月28日

駄菓子屋が学び舎に

駄菓子屋が学び舎に

「商売」体験、不登校支援にも

6月28日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook