鎌倉版 掲載号:2011年2月4日号
  • googleplus
  • LINE

「鎌倉時代の食事」考える 2月20日(日)にシンポジウム

文化

 NPO法人鎌倉考古学研究所と鎌倉市教育委員会が主催するシンポジウム「鎌倉の食事・食器」が2月20日(日)、鎌倉生涯学習センターホールで行われる。

 午前9時30分から午後4時30分。入場自由で資料代として1000円。

 鎌倉市では、中世遺跡の発掘調査により、食膳に供したとされる相当量の土器や陶磁器、また獣・魚介類骨などの食材遺物が出土している。一方で食事のありようは明らかではないという。そこで考古学や文献史学などの見地から「発掘された食物と調理」「文献からみた武家・僧侶の食事」といった専門家によるテーマ講演のもと中世・鎌倉の食事・食器を考える。

 シンポジウムの詳細や問い合わせは【電話】0467(61)3857・教育委員会文化財課まで。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク