鎌倉版 掲載号:2011年7月8日号
  • googleplus
  • LINE

息災願い 身を清める 鶴岡八幡宮で「夏越の大祓(おおはらえ)」

文化

約3000人が参列
約3000人が参列

 鶴岡八幡宮で先月30日、心身のけがれをはらう神事「大祓」が執り行われた。

 「大祓」は、半年に一度実施される神事。全国の神社でも執り行われている。

 6月の神事は「夏越(なごし)の大祓」といわれる。同宮では「古来より、日々の生活を送る間に、知らず知らずに身についてしまった罪やけがれを祓う神事。心身ともに清らかに立ち返ることを祈るもの」とする。これから厳しい夏を迎えるにあたって、息災を祈る意味もある。

 夏越の大祓では、邪気を祓うとされる高さ約3メートルの「茅の輪」をくぐり身を清める。4回に渡って行われ、当日は多くの参列者が麻と紙を小さく切った「切麻」を身に付け、神職に続きながら茅の輪をくぐり抜けた。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク