鎌倉版 掲載号:2011年11月25日号
  • googleplus
  • LINE

個人で被災地の支援活動をしている 橋本 等さん 台在住 55歳

湯たんぽで被災地に温もりを

 ○…被災地に湯たんぽとその手作りカバーを届けようと、10月から500円のワンコインカンパとカバーの作り手の募集を開始した。友人ら約50人に働きかけたところ、その情報が口コミで広がり、自主保育の仲間や、老人会の協力、最終的には企業からのカンパも得て11月15日の時点で宮城県に380個、福島県に60個を配布した。届け先は現地にいる友人に縁のある小学校など。「個人でやっているからこそ、送り手の分かるかたちにしている」と語る。

 ○…3月の震災後、「すぐに支援に行きたい」と予定をしていた家族旅行を中止。避難所で活動をしている友人を伝って宮城県の志津川町へ。「被災地は想像以上だった。何もないから音がどこにも反響しない」と異様な光景に絶句。その状況の中、避難所で1日限りの無料のコーヒー屋を開店した。「『挽きたてのコーヒーは震災以来、初めて。本当においしい』と言われた時の笑顔が忘れられない」と当時を振り返る。

 ○…東京生まれ。大学を中退後、国内の寺社を巡り各地を転々としていた。数年後、アルバイトをしていた書店の縁から文具関係の会社に就職。人事を担当した。バブル崩壊後、リストラ業務を担当し「数字だけで人を判断するのは何かが違う」と疑問を抱き退社。兼ねてから自給自足の生活に憧れがあり、山梨などで農業に携わった。約10年前から知人の紹介で横浜にある精神科の診療所事務員に。8年前鎌倉に越してきて、現在は妻と6歳の息子との3人暮らし。休みの日は息子の遊び相手になったり趣味の家庭菜園で里芋などを育てている。「息子はやんちゃ盛り。キャンプに行ったり元気一杯だ」と笑う。

 ○…「自分の仕事も、湯たんぽの活動も人の縁で成り立っている。周りの人には本当に感謝している」とし、「特に鎌倉の人にはパワーを感じる。今後も鎌倉から発信していきたい」と抱負を語った。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

吉井 瑞穂さん

オーボエ奏者でコンサートシリーズ「レゾナンス『鎌倉の響き』」を主催する

吉井 瑞穂さん

3月16日号

藤田 萌子さん

「神奈川県警察逮捕術大会」女子個人戦で優勝した

藤田 萌子さん

3月9日号

小岩 裕一さん

鎌倉宮の宮司を務める

小岩 裕一さん

3月2日号

近藤 奎五さん

今年で第10回を迎えた鎌倉子供囲碁大会の実行委員長

近藤 奎五さん

2月23日号

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク