鎌倉版 掲載号:2012年4月20日号
  • googleplus
  • LINE

4月24日(火)の鎌倉芸術館「春のかまくらランチタイム・コンサート」に出演する 大隅 智佳子さん 鎌倉市出身 32歳

地元でオペラの魅力発信

 ○…初めて鎌倉芸術館の舞台に立つ。「歌ってみたい場所でした」と笑顔で語る。鎌倉にゆかりのある実力派奏者をゲストに開催する「春のかまくらランチタイム・コンサートSeasonII」(同芸術館主催)、その第1回に出演する。今回は、事前のリクエストをもとにプログラムを決めるこれまでにない試み。披露するオペラ作品は、プッチーニの「トスカ」や「蝶々夫人」などをはじめ7、8作品を予定する。

 ○…「小さい頃から歌うのが好きだった」。清泉女学院中高等部では音楽部に所属、自身も声楽家である堀部隆二顧問(当時)の熱心な指導もあり、メキメキと実力を伸ばしていった。「中学高校では、音楽が教育の中にしっかり入っていた。感情を豊かにする教育はとてもよかった」と振り返る。音楽一家の出身ではなく、将来は「歴史の勉強がしたかった」と苦笑いするも、その才能と実力が認められ東京藝術大学声楽科に進学、同科を主席で卒業する。そして、狭き門である同大学院で学んだ。大学院1年でオペラデビュー、「お客様の温かさが好き」と、数多くの舞台を踏み、たくさんの経験をして実力に磨きをかける「職人タイプ」と自評する。

 ○…今年は9本のオペラ舞台が決まっている。東京藝大出身者からなる「二期会」を通しての出演から、直接オファーのものまで様々だという。活動の中心が都内や横浜のため、現在は東京で生活するものの、慣れ親しんだ地元には気分転換に訪れる。「特に北鎌倉周辺は好きですね」。また、寺社などをはじめ、パワースポット巡りも欠かさない。「お伊勢参りは毎年恒例です」と話した。

 ○…「オペラは舞台芸術を楽しむもの。ゆったりとした気持ちで観てもらいたい」。今公演を前に「オペラ作品に興味を持つきっかけになれば。また声量の大きさなど、身体を楽器としているオペラの魅力を体感してもらえたら」と語る。
 

鎌倉版の人物風土記最新6件

檜本 利夫さん

腰越まちづくり市民懇話会の会長を務める

檜本 利夫さん

2月16日号

谷山 綾子さん

低出生体重児向けの肌着を企画、販売している

谷山 綾子さん

2月9日号

岡 英雄さん

漆工房「時蔵工房」を主宰する

岡 英雄さん

2月2日号

吉田 鋼市さん

『鎌倉近代建築の歴史散歩』を出版した

吉田 鋼市さん

1月26日号

徳増 源七さん

50周年を迎えた(公社)神奈川県宅地建物取引業協会鎌倉支部の支部長を務める

徳増 源七さん

1月19日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月12日号

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク